ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 春の飛鳥山公園 その2「青淵文庫と晩香廬」
2013/03/26 Tue 23:04 ソニーα
前回に続き、王子の飛鳥山公園ネタです。
桜の名所として知られた公園に、桜を目当てに行ったわけですが、今回は桜は脇役となります。
飛鳥山公園に建てられた渋沢栄一邸が歴史的建造物として保存、一般に開放され、見学することが可能となっており、
それを見に行ってきました。
渋沢栄一は明治の大実業家で、Wikipediaあたりを参考にしていただけるとその偉業の片鱗を知ることができます。
私は子供の頃帝都物語を読んでその名前を知りました。

枝垂れ桜に映える青淵文庫です。
来園者はみなここでいったん立ち止まり、写真を撮って行っておりました。


青淵文庫は「せいえんぶんこ」と読みますが、文字通り書斎の役割をはたす建物だったとのことです。
壁はタイル貼り、ガラスはステンドグラスと豪華な作りになっています。


この照明も当時のものなのでしょうか。ロウソクを立てる場所と思しき部分には電気照明が取り付けられています。


青淵文庫の入館料は300円、これで「青淵文庫」「晩香廬」「渋沢史料館」の三館に入館することができます。
今回は青淵文庫と晩香廬の2箇所に入りました。
晩香廬は「ばんこうろ」と読みます。西洋風茶室、とのことです。


内部は巨大な暖炉とシンプルながら豪華な内装が魅力的な大広間のワンルーム構造になっておりますが、
残念ながらそちらは撮影禁止となってましたので写真は残せませんでした。
椅子に座って室内を見回すと、渋沢栄一が賓客を迎える風景が思い浮かべられ、自分の中に歴史が流れ込んでくるような感覚がありました。
立ったままで歩き回るのと、当時の椅子に腰掛けて見回すのとはまた感覚が異なるものです。


と、このぐらいで今回はおしまいです。
ちょうど晩香廬の周辺で、女性のポートレート撮影をしている人たちがいました。
建物も雰囲気があって、背景に取り込むには良い場所だなと感じました。
私もロケ場所で新ネタを探している状況でして、桜の季節が過ぎてもう少し落ち着いたらこのあたりも悪くないですね。
というわけで関係あるかないか分かりませんが、次回はロケ場所の下調べに行きました、というエントリを書くつもりです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/566-1bffb187