ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > α99でテンション上げていこう!というわけで東京駅(笑)
2013/03/12 Tue 22:26 ソニーα
前回、α99のAF機能について熱く語らせていただいたのですが(笑)
リアルに何人かの方からご意見をいただき、学ばせていただき、また充実した意見の交換もさせていただきました。
このブログの記事で直接意見交換させていただいた中では、最大の反響がありました。
文章で恐縮ですがお礼申し上げます。m(_ _)m

最後のほうで少し採り上げました「どこまでが人間で、どこからがカメラなのか」というトピックは、
デジタル時代のカメラ・写真ファンである私にとっても極めて重要な命題であり、常にそれを考えながら写真を撮っているような状況です。
これからも折にふれてこの件については書いていこうと思っています。

さて。
ここ最近、α99ばかり持ち出しています。
OM-Dに飽きたというわけではありません。
むしろここ数ヶ月、具体的にはα99のマニュアル動画機能に欠陥アリと判断して以来、せっかくのフルサイズも2軍落ち、
やっぱOM-D最高!とマイクロフォーサーズばかりを使っている状況が続いていました。
が、最近αに回帰している状況です。
理由は様々あるのでしょうが、やはりボケ描写も含めたデジイチの醍醐味を味わえる、という点にあるのでしょう。
マイクロフォーサーズではデジイチの醍醐味を味わうことは出来ないのか?ということになりますが、
そもそもマイクロフォーサーズで「デジイチの醍醐味を味わう」ことには限界がある、と私は思っています。
それも含めてマイクロフォーサーズを愛用していますので、問題ありません。

ともあれここではαです。
我が家のα99が復権!というところまで言い切るつもりはありませんが、
文句を言うなら使い込んでから言おう、ということもあり使い始めたら思っていたより機能豊富で便利、
おおこれ良いじゃーん、というのが現時点でのα99に対する感想であります。
α99に対して散々文句たれておいて今更挙げた拳も下ろしづらいな、とは思いません。都合の良い男です(笑

で、α99と一緒に東京駅に行ってきましたw
マタカヨーとお思いかもしれませんが、どうかお許しください。


丸の内駅舎復原完了再オープンから半年以上経過しまして、
さすがに平日の行幸通りは落ち着きを取り戻している様子です。
私としては通い慣れた写真散歩エリアであり新たな感動などは少ないのですが、
勝手知ったる場所柄なわけで、落ち着いてカメラを取り出せる雰囲気が私にはとても心地よいのです。


丸の内仲通りのシャンパンゴールドイルミネーションも終わってしまいました。
あの上品かつ華やいだ雰囲気がとても好きでしたので寂しく思います。まあまた半年待てば始まりますかね。


高層ビルが並ぶこの雰囲気は丸の内特有のもので、日本橋同様独特の空気を感じます。
前にも書いたような気がしますが、1900年台初頭のニューヨークの印象がダブります。


このエントリのタイトルにある「テンション上げて」ということに関わってくるのですが、
私事で恐縮ですがここしばらく町撮りをできずにおりました。
テンションが下がっていた、という意識はないのですが、実際リズムは下降気味だったのかもしれません。
撮るのが仕事になった、そのことによって「写真を撮る・カメラを使う」ことに対して楽しいと思っていた感覚が、
徐々に麻痺して「単なる作業」になっているのかもしれません。
しかし、久しぶりに東京駅でカメラを取り出せてよかったです。
この日は丸の内駅舎前で撮っただけで、今までさんざん撮ってきたありきたりの写真ばかりですが、
それでも「カメラで写真を撮るのは楽しい」という感覚を思い出すことができました。
やっぱり趣味を仕事にしてはいけないのですね(笑)常に新鮮な感覚を忘れてはいけない、と思い知りました。
というわけで、この日の東京駅ネタがもう次回にも続きますがお許しください。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/556-d8eaa741