ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ヨコハマ創造都市センター「横浜ガールズフォトフェスタ2013」後編 ゆるふわ
2013/03/03 Sun 00:20 ソニーα
前回に続き、「横浜ガールズフォトフェスタ」関連記事となります。

このイベントがカメラ女子向けに特化したイベントである事は、先のエントリで述べました。
カメラ女子が好むカメラ、アクセサリーの紹介と、撮り方のレクチャーなど。
特にこれから始めようという女性の方には充実した内容かと思います。
私的にも、このような「実際に手にとって参加する形のイベント」は重要であると思います。
と申しますのは、「フォトヨコハマ関連イベントの大半が写真展である」ことから、
このような参加型のイベントは貴重であるばかりか、フォトヨコハマの開催趣旨である
「わが国における商業写真発祥の地として歴史を持ち、魅力的な撮影スポットに富む『横浜ならでは』のイベントや企画を実施し、
 市民の皆様に写真映像文化に親しんでいただく場を提供してまいります。」
という文言に沿った内容であるとも言えるからであります。我ながら他人のイベントで大上段から論評しましたねw
写真映像文化に親しむためには、「撮影」と「鑑賞」の双方が大切だと思っています。
というわけで本編に入ります。

キヤノンブース「Powershot N」実機コーナーです。
ディスプレイの雰囲気からしてCP+などとは大きな違いがあることが分かります。


こんな感じで展示しています。要は「かわいく見せる」の一言につきます。
肝心の(?)Powershot N、なぜ正方形なのか、なぜシャッターボタンがレンズ周りのリング状ボタンなのか、
コンセプトがよくわかりませんでした。が、これからコンパクト機を買おうという女性には売れるかもしれません。


「ふんわりゆるかわ写真を撮ってみよう」とのことです。
渡辺謙に「趣味なら本気で」と言わせる、あのキヤノンが、であります。


ウェブで申し込むフォトブックサービス、アスカネットの「マイブック」コーナーの小物です。
アスカネットと言えば私的にはこのブログの前身となる「某ソニー使いの写真ブログ」を、
アスカネットのブログサービス「みてみてぶろぐ」を使わせていただいておりました。
サービス廃止に伴い現在のブログサービスに移転した経緯がありまして、
みてみてぶろぐ跡地にはこのような墓標が立っている状態です。


ソニーブースです。今回はNEXのみ。Aマウントは民主党政権並に「無かったことになっている」扱いでありますw
最新機種もありますよ!もいいのですが、レンズはパワーズームの新標準1種類のみ。
女子カメライベントで単焦点の展示がないとは、明らかにやる気なしと断言せざるを得ません。
αユーザーとして敢えて書きます。もっと本気でやれい。


とまあ、このぐらいで。
会場にはその他富士フイルムブースやニコンブースなどもあります。
いずれもミラーレス主体で「かわいい小物を撮りましょう!」という内容で、かわいいカメラアクセサリー物販も充実、
とてもかわいらしいイベントになっております。
主催者「きゃめらびと」のUSTを見たことが無い人(私も含む)でも、もちろん楽しめることと思いました。
カメラマニアの男性が彼女さんにカメラを持たせようと思う時など、良ききっかけになるでしょう。
3/2~3/3の2日間開催です。

余談ですが、今回の写真、ぜんぶ「かわいらしく」を意図して撮りました。
ご覧いただいた方にそのあたりも伝わっていたら嬉しく思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/549-0b58ac05