ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「ボディキャップレンズ BCL1580 15mm F8.0」その2 みなとみらい夜景行脚
2013/02/25 Mon 00:05 マイクロフォーサーズ
オリンパスの野心作、ボディキャップレンズ関連エントリです。
行った場所は前回の流れで横浜みなとみらい、夜景にレッツチャレンジでございます。

…とは言ってみたものの。
F8固定での手持ち夜景撮りは、私の腕前ではやはり苦しいですね(笑)
比較的あっさりと諦めて「17mm F1.8」に付け替えて撮ったのが先のエントリなわけですが、
今回はボディキャップレンズで撮った写真を掲載します。

日本丸の船首寄りのところに見学用の撮影スペースと言いますか見晴らし台らしきものがあり、
そこなら手持ちではなくカメラを置いて1秒とかで撮れますのでやってみました。


海越しに観覧車を撮ってみます。
露出補正をマイナスにしてシャッタースピードを稼ぎます。


出た、斜め写真、イキった写真ですね(笑)
斜めは狙ったわけではなく、飲食店の看板と緑のイルミネーションを同時に入れたいなと思って撮りました。
たまたまど真ん中に人が写り込んでしまいましたが、暗くて顔も分からないし、まあいいか、と。


順番が前後しますが、これが多分最初に撮った写真でした。まだ日が暮れきっていません。
コスモワールドの、このアトラクションは被写体としてとてもメジャーなものなのですが、
回転しているところを1秒とかで撮りますと、光の跡が美しく円を描きます。
1秒で撮った写真もあるのですが、そちらはブレまくって掲載するにはさすがに微妙でしたので、
光の円は「点線」になってしまいましたが、こちらを掲載します。手持ち1/6秒です。


屋内のゲームコーナーです。赤がとても印象的なバスケットボールゲームです。
今回の撮影はシャッタースピードを稼ぐ目的もあり、露出補正は思いっきり下げています。
終始-1~-2とかで撮っていました。


ジェットコースターが通過するところを撮りました。手持ちで1秒。
油断して思わずカメラを動かしてしまい、こんな感じになってしまいました。
が、まあこれはこれで光が流れている様子を見ることができた気がしましたので、掲載します。
「光の竜」とでもタイトルをつければもっともらしく見えますでしょうか。


観覧車の直下あたりから見上げて撮ってみます。
無限遠で撮りました。解像っぷりを確認する参考になりますでしょうか。


最後にまた日本丸で。細かいところまで解像しているのがいちばんよく感じられました。
トータルの感想となりますと、手ブレが怖いので夜景は微妙ではあるのですが、
今回は試していませんがブレが怖くない、あるいはブレを生かしたような写真を撮りたいときには良いかもしれません。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/544-87017d77