ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 向島百花園 梅編 αの章
2013/02/17 Sun 22:59 ソニーα
気がつけば2月もはや後半、
春の訪れも近いこの時期、そろそろ梅が見られるのではなかろうかと、
我が家から一番近い場所にある庭園、向島百花園に行ってきました。
今回は久々にαとマイクロフォーサーズの両方を持ち出しました。
このエントリではαを使用して撮った写真を載せます。



結論から言いますと、まだちょっと早かったですね(笑)
都内の主な庭園では3月初旬、最も開花が遅いと思われる浜離宮で3月10日ぐらいまでには見頃になるだろうと想像します。
とは言え、今月最終週頃にはある程度綺麗に咲きそろうのではないでしょうか。
つぼみも膨らんできていますし。つぼみ良いですよね。いえ花の話ですよ。


品種とかにはまったく知識がありませんので「赤い梅」「白い梅」ぐらいにしか判別できませんが、
どちらもぽつり、ぽつりと咲き始めてる感じでした。


カメラはα99、レンズは70-200mm F2.8Gです。
可能な限り寄って撮っているつもりなのですが、フルサイズを使って本来の画角で撮っているからでしょうか、どうも花が小粒ですね。
トリミングでもやればいいのでしょうが、今回はあえてそのままで行きます。


梅以外の花もちらほら見られます。
このようなローポジションで撮る場合でも、α99なら可動液晶でのライブビューが可能ですので、這いつくばらずに済みます。


わびすけの花だそうです。
ライバルと対決するために柔道から野球に転向するという思い切りの良さを持ち、左右両投げの投手として苦しめた名脇役ですね。


赤い色を強調するために色合いを「ビビッド」にしたら、思いの外ドギツイ色使いになってしまいました。
白い色を強調するために露出補正をプラスにしたら、背景が全部吹っ飛んでしまいました。
いやあ失敗したなあ、と思いつつも修正はせずに掲載しています。
多少色合いをキツ目に出してみよう、というのは目的ではあったのですが、我ながらコレジャナイ感が…
α-7Digitalからα700に持ち替えた時のようなビビッド感マシマシ状態を思い出しました。


次回のエントリではOM-Dを使用して撮った写真を載せます。
腕前はともかく、ちょっとはαとの比較ができる内容になっているかもしれません。
よろしければご覧ください。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/538-c74e2f11