ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「AF 35mm F1.4G」六本木でテレ朝と心中の巻
2013/02/11 Mon 22:33 ソニーα
年明けてしばらくの間、パナソニックのマイクロフォーサーズレンズ「35-100mm F2.8」にハマっていましたが、
それも一段落して、次のマイブームが到来しつつあります。
すなわち今回のエントリのタイトルにもしました「35mm」なのですが、
先日手に入れたオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」がそのきっかけとなりました。
お、このレンズおもしれーじゃーん、
マイクロフォーサーズの17mmレンズは換算34mm相当、
まあ大まかに言って35mmってことだよね、
35mmと言えば我が家にはGレンズがあるじゃないですか、
αの35mmも楽しいよなあ…というわけで、
なぜかαで35mmを使うのがマイブームになってしまいました。
オリ17mmF1.8の使用感想記事を連投するつもりだったのに、この移ろいたるや女心の何とやらに負けないものがあります。


今回はママの「ドラえもん限定グッズが欲しい」という要望がありまして六本木に行きました。


六本木といえばヒルズ、ヒルズといえばテレ朝であります。
テレ朝ショップに行けば限定モノが手に入るかもしれません。
甥っ子にプレゼントする、のだそうです。


テレ朝本社社屋の1階、円形建物の外周部分が一般に開放されていて、ショップやらカフェやら色々あります。
テレ朝の顔ともいうべきキャラクターは今でもドラえもんのようで、随所にドラネタが満載であります。
ジャイアンのリサイタル、もあり、スピーカーもあってジャイアンの歌声が聞こえるという趣向なのですが、
肝心のジャイアンの声がたてかべ和也氏ではない上に歌も違ったので愚息も萎え気味でございました。


あと、仮面ライダーも実物大の展示がありまして、子供連れの記念撮影がひっきりなしでした。
これは仮面ライダーウィザードですね。私はあまり興味が無いのですが、むしゅめはよく知っていました。
マジかマジでしょーったーいむっ、ってやつですよね。むしゅめは歌えるみたいですw


私が「仮面ライダー」と聞いて思い出すのはやはり1号です。が、私の世代ですら1号は再放送でしか知りません。
ウルトラマンやガンダムと並んで、堂々の二世代キャラクターの仲間入りを果たしているのです。いや、三世代か?


テレ朝開局55週年だとかで、記念太鼓の達人が大人気でした。
太鼓の達人に2時間待ちって、私的には正気の沙汰ではないのですが、何か特別なものがあったのでしょうか。


少し前に話題になったくりいむしちゅーのキン肉マンコラボイラストです。等身大展示していました。
キン肉マンは二世代キャラ、とは言えないかもしれませんね。
今連載しているものに対して食いついているのは、30年前の大ブームの際の読者、要は我々の世代であるような気がします。


テレ朝と言えば忘れてはいけないのがクレヨンしんちゃんであります。
ショップは番組ごとに棚が用意されていまして、棚の広さ=売れ行き、人気のバロメーターだと思うのですが、
プリキュア≧ドラえもん>>しんちゃん>>>>>アメトーク等という感じでした。
プリキュア・ドラえもん・しんちゃんがスリートップのようです。


どうでもいい話かも知れませんが、今回行ったテレ朝ショップには、韓流のカの字もありませんでした。
古舘のフの字もありませんでしたねw
昨今、テレ朝は視聴率戦争で大躍進を遂げているそうで。
いったん上昇気流に乗ってしまうと、推すべきコンテンツをゴリ押しなどに惑わされないで済むのでしょうか。
相棒はじめ、意外に優れたコンテンツをいくつも抱える放送局なのかもしれません。

ともあれ、用事を済ませて六本木ヒルズを後にします。
六本木ヒルズの下層階のちょっとしたカフェなどは妙にオープンな吹きっ晒し仕様のお店が多く丁度いい所が空いていなかったので
せっかくなのでミッドタウンにも行ってみて休憩できるところを探してみたのですがこちらも大混雑。
仕方がないから、というわけではありませんが、地下鉄で数駅の汐留でアンパイなお店に行って昼食してきました。


少しはカメラの話もしなくてはなりませんねw
使用したカメラはα99、レンズはソニー35mmF1.4のGレンズを付けっ放しでした。
絞りは色々変えていますが、そのあたりは感覚に任せてという感じです。
このレンズ、ミノルタ時代以来の由緒正しいレンズなのですが、さすがに設計が古いということなのでしょうか、
昨今のライバル他社の同系レンズに比べて数値的に見劣りがするとか何とか。特に開放の評価がよろしくありません。
MTF曲線とか、私はそれほど見慣れない性能評価を見ても、そんなに「おーすげー」というものではありません。
が、ソニーユーザーとしては他に選択肢が無い(近年「35mm F1.8」が登場しましたが)上に、
心を鬼にしてF2.8とか3.5ぐらいまで絞っていけばうっとおしい二線ボケも弱まって綺麗に見えてきます。
ただ、せっかくの大口径レンズ。F1.4開放で使いたい欲求がありますのでその欲求通り使っています(笑)。
私的には小ぶりなレンズの割にずっしり感があり、所有欲を満たす要素は充分で、それも含めて満足しています。

オリンパス17mmF1.8の記事とあわせて、このレンズの使用感も書いていきたいと思っています。
よろしければぜひご覧ください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/534-53057718