ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」その2 まあいつものようにスカイツリーですわ
2013/02/08 Fri 21:10 マイクロフォーサーズ
オリンパスから発売された新時代の標準レンズ「17mmF1.8」の関連エントリとなります。
標準レンズとは50mmのことだ!
…まあその通りなのですが、最近35mmがやけにクローズアップされていませんか?
かの「ソニーRX1」も、35mm単焦点を搭載していますし。
何より、オリンパスのマイクロフォーサーズ向け単焦点、
25mm(換算50mm)は無いのに、17mm(換算34mm≒35mm)は2本も用意されています。
広角ばんざい、の時代なのかもしれません。

ボケ具合を見ようと思ってガラスに映してみましたが、ガラスが二重になっていたようです。
たまにはこういうユルフワな写真も載せてみますw


毎度毎度のスカイツリーです。すみません。
望遠で撮ってみたり今回のように広角で撮ってみたり。
換算34mmでは縦向きでもスカイツリーの全体を収めることは難しく、このように斜めにしています。


エスカレーターの手すりにピントを合わせています。
私はこういう濃ゆい色使いが好きなのかもしれません。


点光源をボカすのは楽しいですね。
私的には綺麗にボケているなあと思っています。


明るいところで、背景をふんわりボカしてみます。
被写体が浮かび上がるほどの効果を得るためには、かなり近寄る必要がありました。


右下の明るいところは、等倍で見ると結構アラがあると言いますか、流れてるし色収差は出てるし、もう大変です。


堤の上でカメラを地面に置いて撮りました。
これも色使いが濃ゆいですね。食べ物の味付けも濃いのが好きなので、パンチのある写真が好きなのだと思います。


17mm F1.8独特の描写とかは、正直あまり意識していません。てゆうか分かりません。
F2.8のレンズに比べて、当然のことではありますがシャッタースピードを稼げますので、
手ブレを防ぎやすくて輝けハッピースマイルであります。
このレンズの関連記事がもう少し続くと思います。
どうぞよろしくお願いします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/533-b16310bb