ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > またまたまた行ってきたアンダリゾート 前半「到着するまで」
2013/01/31 Thu 23:11 マイクロフォーサーズ
先日のことですが、伊豆高原の名物ホテル「アンダリゾート」に行ってきました。
このホテル、ご存知「パセラ」というカラオケ屋さんの姉妹施設であります。
同じくグループ施設である「ホテルバリアンリゾート」などと並び、バリ風づくしとなっておりまして、
私自身はバリ島に行ったことは無いのですが、バリ好きの知人に「本場もこんな感じなの?」と訊ねたところ、
「観光客向けは、まあ、こんな感じじゃないかな?」とのことでした。

このネタはつごう2回に分けて書きます。
前半となる本エントリでは「アンダリゾートに到着するまで」を書きます。
今回は車ではなく電車で移動しましたので、鉄分多めでございます(笑

往路でお世話になったのは、これ、JR251系「スーパービュー踊り子」号であります。
ちょくちょく見かけますので一度乗ってみたいなあと思っていましたが、ようやく念願叶いました。
デビューは1990年だそうです。新しい電車だと思っていたのですが、もう20年選手なのですね。


全席指定で今回乗ったのは10両編成の10号車、東京方の最後尾車両です。
私の席はかぶりつきスーパービュー座席ではありませんでしたが、海側の座席ゲットでほくほくであります。


2階建て車両で、車内に螺旋階段がありました。


それを降りていき、下の階にはキッズルーム。これは良いですね。
アコーデオンカーテンで仕切られる授乳室も併設されていますので、


こちらがその授乳&おむつ室です。
この列車が全席指定ということもあり、ここで飲んだくれて寝こむような輩はいないようです(笑


車内はこのように窓が広くて開放的な雰囲気です。
土曜日昼間に伊豆方面に向かう列車ですので、満席かつどの車両も宴会状態でした。


そうこう言ううちに伊豆高原駅に到着です。2時間程度の列車の旅でした。
車ですと渋滞に巻き込まれますのでこの所要時間にはかないませんね。
平日行くときはゆっくり車で向かうのが楽しいと思います。


伊豆高原駅は、伊豆急行線の中でも中核的な役割を負っているようで、車庫併設&本社所在地とのことです。
「アルファリゾート21」とありますが、「リゾート21」と違いがあるのでしょうか。


元東急8000系、伊豆急でも8000系。このように至近距離で見るのは東急線時代以来です。
車庫の向こうの方にも止まっていましたので、伊豆急行線の主力なのでしょう。
ステンレス車体ですから、潮風に強いとかあるのかもしれません。


8000系の車内を瞬撮しました。
海側はクロスシートに改造されているのですね。
次に来る機会があれば、特急でなくこれに乗ってまったりするのも良さそうです。


アンダリゾートは伊豆高原駅から徒歩15分程度、駅についたら電話すれば送迎車を出してくれます。
ちょっと早く到着しましたので部屋に入れるようになるまで足湯やらマンガやら。


次回後編です。
よろしければぜひご覧ください。
よろしくお願いいたします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/524-e43587e9