ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8/POWER O.I.S.」その7 秋葉原の歩行者天国
2013/01/21 Mon 20:38 マイクロフォーサーズ
パナソニックのマイクロフォーサーズ用大口径望遠ズームレンズ「35-100mm F2.8」関連エントリです。
現在我が家のOM-Dは、ほぼこのレンズが付けっ放しの状態となっています。
必ずしも全てのシチュエーションに適したレンズではない、のはもちろんなのですが、
70mmスタートというのは、意外に出番がありまして、
例えばAPS-Cのカメラに焦点距離50mmのレンズを取り付けたら換算75mmとか80mmですよね。
それと同類、と書くと語弊もあるのですが、あえて極論するならまあそういうことです。
換算70-200mmのレンズと聞くと、あのバズーカ砲のようなレンズが思い浮かび、
「そりゃ常用にはならんわな」と日頃持ち歩くことを端から放棄するわけですが、それが手のひらサイズとなると話は変わってきます。
サイズが使用法を変える、良き一例になることと思います。

で、今回は秋葉原です。
ちょっと買い物もあり、久しぶりに日曜日の秋葉原に出掛けました。
都内有数の観光拠点、やはり大混雑であります。


何かのイベントが行われていて、そこで展示されていたオノデン坊やです。
余談ですがそのイベントが「ベルサール」というビルで行われていたのですが、
そのビルが建つ前、そこに何があったのか、どうしても思い出せません。


パチンコ屋の脇にあるコインロッカーだったと思います。
秋葉原がすべてこんな感じというわけではないのですが、他のエリアでは見られないものではあります。


歩行者天国もかなりの人出がありました。
似たような「週末開催の歩行者天国」として有名な場所に銀座がありますが、
秋葉原の歩行者天国は銀座の歩行者天国より人が多いです。


なんだかんだ言って、私は結局ヨドバシで買い物をすることが多いように思います。
別に回し者ってわけではありませんが、欲しいと思った品物をたいてい在庫として持っている点が大きいです。
格安メモリーカードなどはそれこそ秋葉原の裏通りなどに行きますので、そこは利用法しだいということですね。
ヨドバシへ行く機会が多い理由としては、JR・日比谷線・TXのどれに乗るにも便利という点があります。


もう、しばらくアニメとかじっくり見ていませんので、タイトルとか分かりません。
私が毎週欠かさず見ているアニメというと、プリキュアとジュエルペットぐらいですかね。


ポップも派手で良いですね。
この作品についてタイトルも含めて知識ゼロですので、これ以上何も書けません。
テレビでやってるなら、縁があれば見てみようと思います。
このようなアニメのポップやフィギュアばかり撮り歩くのも楽しそうです。
機会があれば別エントリで試してみましょう。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/521-e24983de