ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 皇居「平成25年新年一般参賀」
2013/01/02 Wed 23:21 マイクロフォーサーズ
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は多数のご来訪をいただき、誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

1月2日、本年最初のエントリは、皇居の一般参賀に出掛けたことについてです。
私はずっとサービス業関連の仕事をしていて、この歳になるまで正月休みもほとんど無い生活だったのですが、
この年末年始は状況が変わり、お正月休みをまったり過ごしております。
で、私としては一度は行きたいとずっと思っていた新年一般参賀に、初めて行ってきました。
天皇陛下はじめ皇族方のお姿を直接拝見することは、私にとっては人生初であります。
事前の知識としては、
「混雑するぞ」
「国旗は通りがかりで配布されているぞ」
ぐらいのものでした。
通常であれば東京駅で降りて皇居まで歩くのが常道なのでしょうが、混雑を避けるため&歩く距離を少しでも短くするために、日比谷駅で降りて歩きました。
後にこれが大失敗であることを思い知らされるわけですが、そのあたりのことは下の方で。

警視庁ではニューヨークのように馬を飼ってるんですね。
テンションが上がりますね。


二重橋前の広大なスペースで、荷物チェックが行われています。
私はお茶のペットボトルにチェックが入り、捨てさせられました。空港みたいですね。


荷物チェックの次はボディチェックです。
婦人警官さんが行なっていました。
皇居付近には街宣車やデモ隊のようなものは見られませんでした。
警戒は厳重ですが、お正月の昼下がり、平和な雰囲気です。


皇居正門です。ここまで来たのは初めてです。
立ち止まって写真を撮らずどんどん歩けと、ひっきりなしにやんわりと誘導されます。
もちろん列に竿を立てるようなことはいたしません。歩きながら撮らせていただいています。


二重橋から丸の内方面を眺めます。
こんな景色見たことなかったです。
しかし立ち止まらず、どんどん進みます。
橋に寄りかかって写真を撮ろうとしていた人がいましたが、さすがに警察に咎められていましたね。


伏見櫓キタ━(゚∀゚)━!
伏見城のものを移築したから伏見櫓、というのは本当なのでしょうか。


宮殿が見えてきました。バルコニー広場、という名前だとは思いませんが、
まあバルコニー広場ですね。かなり広いです。


絶えない大行列を泳いで、何とか正面のポジションをゲット。
皇族方のお出ましまでもう少しです。


警察のアナウンスが途切れ、皇族方がおでましになりました。

一斉に国旗が振られます。ちょっと待てい、私は持ってないぞと。
そういえば「国旗は皇居に着くまでの歩道で配られている」とのことでしたが、
私は日比谷駅で降りて歩いたためその国旗配布されているポイントを思い切りショートカットしていました。
私の周囲も、どこに隠し持っていたのか、一斉に国旗を取り出して振り始めます。
痛恨の失態でした。国旗の調達を他人頼みにしていた私の不手際であります。
隣の人に貸してくれとも言えず、仕方がないので思い切り手を振りました。

この写真だけトリミングです。
天皇陛下がお元気そうなのでよかったです。


あちこちで「天皇陛下ばんざい!」の声があがりました。
国旗を持っていなかった私は、ここぞとばかりに「ばんざーい!」と叫んでいたら、
前に立っていたワンレンのお姉ちゃんに、うっとおしそうに睨まれました。
が、気にしません。ここでばんざいしなくて、いつばんざいするというのか。


お出ましは、時間にして10分弱ぐらいの時間だったと思います。あっという間でした。
天皇陛下のお姿を拝見したのは初めてでしたので、感激でした。
日本人でよかったと書きますと、やれ右傾化だ、やれネトウヨだと言われそうですが、
私は日本人でよかった、と感じた一時でした。
来年は何としても国旗を持って参賀したいです。

皇居を出るときには東京駅側には出ず、北の丸公園に出まして、そのまま靖國神社に初詣しました。


能楽堂では三味線の演奏が行われていました。唄に合わせて観客の手拍子が響きます。


靖國神社もまた大変な混雑でした。まあ1月2日ですから混雑していて当然、
私同様皇居の参賀から流れてきた人も相当数いますので、参拝列は長いです。
やっとの思いで参拝を済ませ、帰宅いたしました。


来年は必ず国旗を持って行くぞ!と心に誓った一日でした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/513-64be45b3