ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 「今年購入した中でのベスト機材」年末まとめ その2
2012/12/31 Mon 21:00 日記・時事・業界
今年最後のエントリになります。
今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材はこちら、

オリンパス OM-D E-M5

でございます。
ありきたりですみません。


PEN E-P1、E-P3と使ってきて、PENの上位機種という触れ込みで発表されたOM-D E-M5について、
とても期待をして今年2月のCP+に実機見学に行きました。
そこで一目惚れのベタ惚れをしまして、発売日に入手いたしました。
見た目はOMシリーズを踏襲しており、それが従来のOMファンからは賛否両論あったようですが、
銀塩OMなど縁もなかった私にはミニチュア一眼レフ的な愛嬌を持ったものとして感じられ、
とても愛着を持って使うことができました。



性能も私の使用目的については充分以上のものを持っていて、
特に重宝したのが「五軸手ぶれ補正」であります。
手ぶれ補正とはここまで劇的に効き目があるものなのか、と驚きました。
気合を入れれば1秒手持ちでも何とかなるという素晴らしさ。もちろん条件次第ですが。
ノイズもPENシリーズからかなり改善されていて、ノイズを気にせず写真を撮ることができました。

OM-Dの実力が発揮された背景には、レンズラインナップが充実してきたという点が欠かせません。
昨年発売された「12mm F2.0」「25mm F1.4」「45mm F1.8」に加えて、
我が家には今年「75mm F1.8」というレンズも加わり、さらなる強化が実現しました。



「カメラ趣味」と「写真趣味」とは別のものだ、みたいな話を聞くことがあります。
話の是非はともかく、それについて私が思っていることは、
「カメラを使って写真を撮る」ことが楽しいのだ、ということです。
私の場合どちらが欠けても趣味として成り立たない、という気持ちはあります。
自室でカメラだけ磨いているというのはつまらないですし、
ケータイやスマホのカメラで写真を撮る行為もまったく楽しくありません。
両立していてナンボ、なのだと思っています。
カメラにそそのかされるようにシャッターを切ることもありまして、
そういう面でもOM-D E-M5は私にとっては「写真を撮りたくなるカメラ」です。

私には文句なしに今年ナンバーワンのボディでございます。

来年も、より楽しい写真ライフを送れれば良いなあと思っています。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/512-126f45ad