ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 「2012年のアクセス数から見る当サイトの閲覧数上位記事」年末まとめ その1
2012/12/30 Sun 15:00 日記・時事・業界
今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。
場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみようと思います。

アクセス数を基準に、本年度上位20位のネタを挙げていきます。
が、今年はちょっと特別な傾向がありまして、それは順位紹介の中でご説明します。

1位:オリンパス「OM-D E-M5」その1 開封編
本年度ダントツトップのエントリとなりました。
カメラ系ポータルサイトや雑誌の人気投票で常に上位、D800Eとトップ争いをしている、
日本カメラ史に残るであろう1台です。
実は、アクセス数で比較した場合、上位5記事中4記事まではOM-Dネタでした。
そのまんま扱うとOM-Dばかりになってしまいますので、「OM-D感想記事の代表」としてこのエントリをランクインとさせていただきます。


2位:池袋サンシャインシティ「春休み!たまごっちワールド2012」
上に「上位5記事中4記事まではOM-Dネタ」と書きましたが、実はこのエントリがトップ5に入った唯一の
「非OM-Dネタ」であります。
春休みに行われたイベントで、約1週間という会期中にアクセスが集中し、なんと2位にランクイン。


3位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その1 開封編
オリンパスが満を持して発売した望遠単焦点レンズです。
このレンズの注目度は性能同様抜群に高く、「OM-Dネタ」と並んでアクセス上位を占めました。
このエントリを「オリ75mmF1.8代表」としてここに掲載します。


4位:シグマ「30mm F2.8 EX DN」
シグマのマイクロフォーサーズ参入第一弾レンズということで注目度が高かったため、
それに引っ張られるように、当ブログでも上位にランクインしました。
コストパフォーマンスが高く、それ故に一家に一本とでも言うべき位置にあるのでは、と思います。


5位:復活の東京駅@オリンパス OM-D E-M5
「OM-D」と「東京駅」という、旬のワードを掛け合わせたタイトルで上位にランクインしたものと思われます。
東京駅復原工事のシートが外れた時期が、OM-D発売時期と重なっったため、
試し撮りも兼ねて見物に行った時の写真ですね。


6位:こびとづかん「カクレモモジリつむつむ」
昨年最後に掲載したエントリです。ちょうど1年前。
気付いたらこびとづかんの新作映像も発売されていました。まだまだブームは続くようですね。


7位:CP+2012 その1「オリンパス OM-D E-M5」
CP+とは、毎年2月に行われているカメラの祭典であります。かつては「フォトイメージングエキスポ」と呼ばれていました。
例年ですと大手メーカーは「フォトキナ(欧州)」や「PMA(北米)」で新製品の大発表を行うことが多く、「CP+(日本)」ではそれを後追い&実機展示するというパターンが多かったですが、今年は違いました。
D800と並んでOM-Dも電撃発表され、X-Pro1やEOS 1DX も並んで「台風の目」になり来場者も大幅増だったそうです。


8位:明治神宮@オリンパス OM-D E-M5
OM-D関連記事としてここまで引っ張りあげられた感があるエントリです。
天気もよく、さわやかな散歩だった記憶です。
オリンパス45mmF1.8が活躍してくれました。


9位:ソニー「α99 SLT-A99V」その1 開封編
この順位にして初めてα勢の名前が上がりました。待望のαフルサイズ機種です。
さんざん文句を垂れてきましたが、何だかんだ言ってよく出来たカメラだと思っています。
私はα900ユーザーでもありますが、それでも「もう光学ファインダーに戻れないよなあ」と認めます。


10位:パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その3 日本橋の夜景撮り編
パナソニックの標準ズーム、先日行ってきた関西旅行編でもほぼ独占的に使用してきました。
防塵防滴ということも含めて、その使いやすさは抜群です。


11位:伊豆博物館村「怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」
有名な「怪しい少年少女博物館」の姉妹館です。見た目も写真も記事内容も怪しさ満点なのですが、昭和文化博物館としては実は優れた施設なのではなかろうかと思います。


12位:祝α99発売記念!我が家の歴代デジタルα勢揃いの巻 後編「α900からα77まで」
α99発売前夜に書いたエントリです。フルサイズカメラはテンションが上がりますね。
振り返ってみると結構カメラをとっかえひっかえしていますね。
その辺りのことは思うこともありますので別エントリにまとめてみようかなと考えています。


13位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その8 ちい散歩絵手紙展は大盛況
年末のテレビではしばしば「今年なくなった有名人」というような特集がありますが、
私的には地井武男さんがなくなったと聞いた時には、思うものがありました。
ちい散歩は本当に良かった。


14位:マップカメラ「SONY フォトセミナー」その2 NEX-7編
今年はカメラ業界的にはミラーレス躍進の年だったわけですが、数少ない中級機としてOM-Dと争ったのがNEX-7、
当サイト的にはOM-D萌えだったこともありエントリ数にも気合が足らず、ようやくここでのランクインとなりました。
いや、主に仕事で使っていますので、記事にはしづらいですよ;
Eマウントの50mm F1.8OSSを買ってからは、プライベートでも出番が増えました。


15位:池袋サンシャインシティ「スマイルプリキュア!おひろめカーニバル!!」
スマイルプリキュア第一話放送の前日に、1日だけ池袋サンシャインで行われたイベントでしたが、
殺人的な混雑に唖然としました。1日早く第一話を見せてもらえましたね。むしゅめは大喜びでした。


16位:どんぐり共和国「ジブリがいっぱい ゆびにんぎょう 『天空の城ラピュタ』シリーズ」その2
どんぐり共和国というジブリグッズのお店(正確にはジブリグッズ『専門』ではありませんが)の人気アイテム「指人形」に、満を持してラピュタが登場した、という記事でした。
ラピュタはいいですよね。


17位:恵比寿ガーデンプレイス「Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-」クリスマスイルミネーション2012 その1
クリスマスイルミネーション撮影関連記事は、1年間のアクセス数集計をした場合あまり有利ではありません。
が、この記事だけアクセス数が多く、この順位となりました。
11月初旬という、クリスマスネタにしては早い時期から公開していたのが大きいのかなと思っています。


18位:東京国際フォーラム「ネオ屋台村スーパーナイト & 東京JAZZ 2012」
東京国際フォーラムでは、時々屋台村が行われているのですが、この時はジャズイベントと共催で、屋外空間でジャズが流れる中でビールを飲むという素敵な状態になっていました。
それにプラスして、私的には大江千里さんを見ることが出来たのが良かったです。


19位:第14回国際バラとガーデニングショウ ガーデニング編
昨年初めて行って感銘を受けたイベントで、今年もとても楽しみにしていて、行ってきました。
私自身は花もガーデニングも自分で手がけるホビーではないのですが、被写体としてとても美しく、
あれだけのボリュームのものが撮影自由というのはカメラ抱えて行く意義は充分あります。


20位:ソニー「α99 SLT-A99V」その5 ソラマチ夜景編
今年オープンしたスカイツリーとソラマチ、職場からも自宅からもチャリ圏内ということで親しみもあり、ちょくちょく行っている状態です。
オープン当初の大混雑は、平日に関してはなくなってきて、落ち着いた雰囲気で過ごせるようになっています。
相変わらず写真を撮る人はものすごく多いですね。私も含めてですが。


というわけで、ざっと挙げてまいりました。
当ブログは「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」を使った写真生活、が主題ですので、
キヤノンニコンはじめ他メーカーに関して触れる記事は皆無であります。
ですので、今年のカメラ業界全体を振り返る、なんて偉そうなことを言うつもりはないのですが、
登場する機材が今年発売のものばかりで、それなりに2012年がどんな年だったか特徴が出ているように感じられました。
来年はどんな年になるのでしょうか。
またわくわくする体験をさせてもらえれば嬉しいですね。

…と、この記事で今年は終わりというわけではなく。
まとめ記事をもう一回書いて、来年につなげていこうと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/511-43e13e65