ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「京都・嵐山花灯路2012」冬の三都物語 その6
2012/12/27 Thu 00:30 マイクロフォーサーズ
関西旅行編、京都の巻であります。
今回は竹などののライトアップを撮りに行ったわけですが、
この花灯路、「神戸ルミナリエ」「大阪光のルネサンス」と並ぶ冬の関西ライトアップ界隈ではメジャーなイベントでありますので、
当ブログ的には「クリスマスイルミネーションの一種」としてタグをまとめることにしております。

「新幹線で大阪入り」冬の三都物語 その1
神戸ルミナリエ
大阪ステーションシティ「Twilight Fantasy~イルミネーションと音楽の共演~」冬の三都物語 その3 且つ クリスマスイルミネーション その17
「大坂城散歩」冬の三都物語 その4
「梅田で阪急三昧」冬の三都物語 その5

嵐山花灯路、私は「竹林の小径」という遊歩道でのライトアップを目当てにしています。
一昨年行った時には、それほど人が多くなく、寒いながらもゆったりと見て歩くことができましたが、
今年は見物人の激増に伴い、竹林部分が一方通行に指定され、渡月橋方面にはぐるりと回り道して戻ることになっていました。


人出はこんな感じです。
人の列に時々切れ目が出来ますので、そこがシャッターチャンスとも言えますね。


竹林の小径をずっと、山をのぼっていくように歩いていきますと、突き当りに「大河内山荘庭園」があります。
このライトアップと連動して、だと思うのですが、夜間特別公開が行われておりました。
入場料500円を払って見学します。


竹林の小径とはちょっと風情が変わりますが、これもまた良いですね。
小倉山からの風景はこんな感じです。


竹林の小径に戻ります。あとは下りルートを進んで嵐山駅方面に向かうことになります。
いよいよ見物人も増えてきて、普段は静かなはずの竹林が大混雑です。


桂川のほとりに戻って来ました。
山が紫にライトアップされています。私的にはこれがとても綺麗に感じられました。
写真では伝えきれていないかもしれません。


渡月橋です。ここも時間が進むにつれて大混雑になります。
今回私は、その混雑を見越して、ライトアップ開始の17時までには竹林の小径に到着する、というプランで臨みました。
上の方の写真で、日が暮れきっていないのはそれが理由です。
その甲斐あって帰路の混乱には巻き込まれずにすみました。


桂川に面した広場では、様々な光のオブジェといいますか、ちょうちん?灯篭?
ともかくこんなのがいくつも並んでいました。


で、阪急嵐山駅から電車に乗って、大阪に戻っていきます。
朝10時にチェックアウトをしてからひたすら移動ですが、私は負けません。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/507-2bdac495