ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「大坂城散歩」冬の三都物語 その4
2012/12/24 Mon 22:09 マイクロフォーサーズ
関西旅行編です。1週間前の話で恐縮です。

「新幹線で大阪入り」冬の三都物語 その1
神戸ルミナリエ
大阪ステーションシティ「Twilight Fantasy~イルミネーションと音楽の共演~」冬の三都物語 その3 且つ クリスマスイルミネーション その17

個人的な話で恐縮ですが、大阪城公園にとても思い入れがあり、大阪方面に行く際には必ず旅程に盛り込んでいます。
で、その際の散歩ルートにもこだわりがありまして(笑)、
入るときには必ず谷町四丁目駅で降りて、馬場町交差点から入る、ということを決めています。
電車を天満橋駅で降りても、そこから大阪城公園には向かわず、わざわざ谷町線に乗り継いで谷町四丁目へ、と。
他人には理解不可能な自分だけのルールって誰でも持っていると思うのですが、
私の場合、これがマイルールでございます。

馬場町から入って行くと、いきなり巨大な外堀が目に入ってきます。
この風景が好きでどうしようもないです。
写真の櫓は徳川家による再建以来残っている、非常に貴重な建物です。
現行の天守が昭和建築であることを考えると、残っていること自体が奇跡なのかもしれません。


内堀南側です。この部分が空堀なのが「長年の謎」なのだそうです。


旧大阪市立博物館跡です。もともと旧陸軍第四師団司令部の建物だったとのことですが、
現在は市立博物館は閉鎖、後継施設として巨大な大阪歴史博物館が誕生して現在に至ります。
ヨーロピアンな建物が味があって良いですね。


天守です。いわゆる「復興天守」と呼ばれる近代天守の中では古い部類になると思います。
昭和初期、市民に募金をしたところ短期間に巨額の再建資金が調達できた、と。
現在なお大阪の象徴である点、素晴らしいと思います。


天守前の広場にある売店で、たこ焼を買います。


ちょっと一休みでございます。


天守の北側から降りていきますと、豊臣秀頼自刃の石碑があります。


極楽橋と名付けられている、天守北側の橋です。
何度か架け替えられているものの、この位置には豊臣時代以来橋がかけられていたそうです。


大阪城を後にして、ビジネスパークの中を通り抜けて京橋方面に向かいます。
大阪ビジネスパークは20年前から雰囲気が変わりませんね。今回は写真無しですが。
で、京橋のダイエーでドムドムバーガー。ここに行く事も予定してました。昼ごはんでございます。


さらにうねうねと散歩するのですが、それは次回といたします。
よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/505-66821f9f