ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α99 SLT-A99V」その8 愚痴や恨みつらみを書いています(笑)。
2012/11/19 Mon 08:40 ソニーα
ソニー「α99 SLT-A99V」その1 開封編
ソニー「α99 SLT-A99V」その2 高感度編
ソニー「α99 SLT-A99V」その3 夜景撮り編
ソニー「α99 SLT-A99V」その4 ポートレート編
ソニー「α99 SLT-A99V」その5 ソラマチ夜景編
ソニー「α99 SLT-A99V」その6 浅草寺夜景編
ソニー「α99 SLT-A99V」その7 使用感などを少々(苦言あり)

もともと日記的な内容と合わせて掲載していましたが、
内容的に独立させたほうが良いと考え、分離して再掲載しました。

α99、不満は多々ありますが、慣れてもきましたので以下のポイントに集約されてきました。
●動画モードでゴリゴリ操作するとフリーズする
●露出が危うい&たまにマニュアル露出の操作も受け付けなくなる
1つ目の動画モードでフリーズ云々は「そろりそろりと操作する」ことで防げなくもないのですが
(まあそれでも充分問題アリなのですが)
2つ目の露出云々など、カメラとしては致命的な欠陥ではないかと思いますね。
背面液晶でもEVFでも、真昼間に薄暗く表示されて写真としても暗くしか写りません。んなあほな;
MF操作で露出をいじろうにも、ものすごく極端に設定を変えても(ISO100→25600とか)暗いまんま、とか。
とにかくソフトウェアが不安定すぎます。
上の2点について私的に感じた共通点は「起動直後に頻発する」ということで、
その日初めて電源を入れた直後は、カメラが極めて不安定になります。
ソニーですから「電子機器なのだからこの手のトラブルはあって当然」とか言い訳するかもしれませんが、
今までのカメラでこの手の不満はほとんど無かった、
強いて言うならα77の初期の操作性は非常に悪かったですが数度のファームアップで改善され
画質が悪いなりにまともに操作を受け付けてくれて、写真そのものを撮ることはできました。
今回のα99のひどさは、目に余ります。
購入を検討している方、その手の「写真以前の部分で」ストレスがたまるボディですので、
ソニーから対策が立てられるまで購入は様子見した方がいいですよ。
私も近日中にメーカーに訴えることを検討中です。ひどすぎ。
発売前イベントでプロカメラマンが口を揃えて褒めていましたが、どこ見てたんだ!?と。

とは言うものの、ソニーαへの愛情が失われてしまったわけではなく。
日常的に使わせていただいています。
「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA」
「SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM」
「AF 35mm F1.4G」
を主に使用しています。
α77やα99というボディに不満点があっても、レンズ達への愛着がそれを遥かに上回る。
ソニーさん頼みますからマトモに作ってくださいよ、という思いです。


ここまでで上の文章をいったん読み返して、けっこうボロクソに書いていることに気付きました。
推敲せずにそのまま載せることにします。
まあ、「市場価格が最も高いうちに購入し、使い込んだ上で」書いているわけですので、
単なる誹謗中傷とはとらないでいただければと思います。
嘘は書いていませんので、あとは読んでくださった方それぞれがご感想をお持ちいただければと思います。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/487-0d5a456d