ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 丸の内仲通り「丸の内イルミネーション2012」クリスマスイルミネーション2012 その2
2012/11/05 Mon 23:10 マイクロフォーサーズ
イルミネーションの季節到来であります。今年も行きまっせ~

関連記事はこちらからご覧くださいませ。
恵比寿ガーデンプレイス「Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-」クリスマスイルミネーション2012 その1

丸の内仲通りのイルミネーションは、「シャンパンゴールド」に統一された、とても上品なことで知られています。
シャンパンゴールドと電球色は微妙に違いまして、シャンパンゴールドは「上品な繊細さ」というような色合いです。
と書くと、「じゃあ何かい、電球色は下品で荒いってぇのかい」ということになるのですが、
そういうことが言いたいんじゃなくてうーむ。
電球色とはちょっと違う、シャンパンゴールドを撮ろうと悪戦苦闘した足跡を残していきます。


記事タイトルに「仲通り」とは書きましたが、
丸の内エリアのイルミネーションは基本的にシャンパンゴールドで統一されています。
トキアの入り口も、こんな感じです。


イルミネーションというわけではありませんが、通りがかりに三菱一号館。
ここまで書く機会を逃していましたが、このエントリで使用したカメラはオリンパスOM-D、
撮影時期は少し前になりまして、10月中旬のものです。
イルミネーションを動画で撮り残しておこうということで、手持ち派の私としては珍しく三脚を持ちだしました。
三脚を使うということで、どの写真もちょっと絞り気味にして撮っています。


ブリックスクエアの中庭です。ブリックとは「レンガ」のこと。
とても雰囲気のあるスペースです。余談ですが警備の人もいますので、
モメるのも嫌なのでここでだけ三脚を外して手持ちで撮りました。
OM-Dの五軸手ぶれ補正は非常に強力で、50mmぐらいでも気合を入れれば手持ち1秒をピタリと止めることができます。
OM-Dに慣れてしまうと、αのボディ内手ぶれ補正では物足りなくなります。もっとちょうだい。
当ブログとしては今年最大のテクノロジー認定であります。


広角で絞って撮る写真ばかりで、変わり映えしなくてすみません。m(_ _)m
使用したレンズはパナソニックの「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」でございました。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/477-13390a0f