ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > OM-Dと一緒にお台場行脚 その2 ガンプラ地獄編
2012/10/03 Wed 22:18 マイクロフォーサーズ
久々に出かけたお台場編、前回は実物大ガンダムの写真を載せましたが、
今回は「ガンダムフロント東京」の無料エリア、ガンプラ展示にまったりハマったことを書きます。


有料ゾーンは、オープン当初は要予約状態だったようですが、今は現地で当日券も手に入ります。
ただ、アトラクションの構成上、入場時間が「00分、15分、30分」みたいに決められておりまして、
その点でそこまで時間をかけるつもりじゃなかった私は二の足を踏んでしまい、
今回は無料ゾーンのガンプラを見るだけで退散いたしました。
いずれは有料ゾーンにも入ってみたいものです。

ガンプラ展示、入口の正面に、どどん!と歴代ガンダムが並べられています。
やっぱりガンダムは初代が良いですね。



棚を端から順に見ていきますと、けっこうマイナーなものも並べられています。
ザクキャノンはともかく、プロトタイプドムまであります。
プロトタイプドムは近年ドムらしいフォルムにデザインがあらためられていますね。


量産型鍋用ズゴックであります。
件の豆腐屋さんも、じつに良い所をついてきますね。


水陸両用つながりでジュアッグ!アッグシリーズのMSは当初「MSV」扱いされていませんでしたよね。
テレビに登場予定だったんでしょうか。


シャア専用ゲルググです。
物語後半、アムロが覚醒した後に登場したものだから単なるヤラレメカ扱いでしたが、
けっこう重厚感があって格好いいという印象です。
小豆色+ピンク色のシャア専用カラーリングが格好良さを3割増しにしているのでしょうね。


パーフェクトガンダム!これは買ったなあ。よく覚えてます。
プラモ狂四郎、人気ありましたよね。


ガンプラに並んでこんなのも展示されていました。


ガンプラに並んでこんなのも展示されていました、その2です。
ここまでくると、私ていどのガンダムファンでは出典も分かりません。


デンドロビウム。もはや何が何だか。
超巨大なプラモデルです。格好いいんですけど、飾る場所に困りそうです。


このガンダムが何なのか、どの作品に登場したのか、この写真を見返しただけでは私には分かりません。
ファンの方すみません。初代以外にはたいして興味もない私でございます。


しかし、そんな私の興味を惹きまくったのがこちらです。
放映当初はヒゲだチョンマゲだティ●ポだと散々な評判だったデザインも、今見返すとけっこう良いものだと分かります。


メカとしてのガンダムの魅力は、子供向けスーパーロボットアニメーションという制約の中で最大限「兵器」を表現したことだと思うんですね。
で、それが後々までガンダムのアイデンティティーの一角を成していると思うのです。
というわけで、こんなのはナシです。ジュアッグはOKでも、こんなのはダメです(笑


お台場行脚編はもう少し続きます。ガンダムネタになるかもしれないですし、ならないかもしれません。
なお、今回の写真全編において、微妙に光が邪魔な感じに写り込んでおりますが、
蛍光灯の部屋でショーケース内のものを、他の来場者に迷惑がかからないように「素で」撮っておりますので、
やや見苦しいことと思います。
どうぞお許しください。m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/463-31adc2c4