ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 銀座ソニービル「α99 特別先行体験会」その2 サイバーショットもハンディカムもあるでよ
2012/09/13 Thu 23:27 ソニーα
前回に続き、ソニービルで始まった「α99 特別先行体験会」の模様をリポートであります。

銀座ソニービル「α99 特別先行体験会」その1 α99の第一印象

会場のメインはもちろんα99なのですが、同時発表された「サイバーショット DSC-RX1」と「ハンディカム NEX-VG900」も展示されています。あ、VG900は触ることもできます。

サイバーショット「DSC-RX1」です。
以前のエントリで「RX100を大きくした」という表現をしましたが、これには訂正が必要かもしれません。
RX1は小さいです。RX100よりは大きいでしょうが、それはほんの僅かな差しかないようです。
充分コンパクトで、おそらく「ずっしり中身の詰まったカメラ」であるに違いありません。
このカメラは会場入口付近=ソニービルの通路上に展示されていたこともあり、
通行人の注目を浴びていました。
おしゃれなサラリーマンが一緒にいた彼女に
「あ、これこれ。RX1良いよねー。25万するんだけどこんなに詳しい俺って(ry」
と、ミサワ丸出しのうんちくを語っていたのは滑稽でした。
また、「あ、RX1可愛い~。パナソニックも本気で行かないと(ry」
みたいなことを言っていたカメラ女子二人連れなど、カメラ人類悲喜こもごもであります。


カタログをもらって、RX1のスペックをじっと見ていたのですが、
今回はじめて気付きました。これ、静止画撮影では手ぶれ補正効かないんですね。
動画撮影では電子補正があるようですが、これは私的に興味半減だなあ。ものすごく残念です。
画質は、そりゃ良いのでしょうよ。これだけ贅沢な作りをしていたら。
だけど、使いやすさに直結する部分で、今ひとつ配慮が足りない気がします。
そんなところまでR1を踏襲しなくてもいいのにね。


ハンディカム「NEX-VG900」です。
こちらはケースに入れられた展示ではなく、実際に手にとって操作感を確かめることができます。
フルサイズの魅力はボケ表現にあるわけですが、くっついていたレンズは「CZ24-70mm F2.8ZA」ですので、
ボケ味
を確かめることはできませんでした。


ひとつだけ確認したのは、デジタルズーム機能。
レンズの側でズームするのは当たり前ですが、その上さらにボディ側の機能としてデジタルズームします。
デジタルズームの倍率は最大2倍、24-70mmなら、広角端で48mm、望遠端で140mmになるということでもあります。
で、デジタルズームの挙動がパワーズームのような滑らかなものですので、大いに役立ちそうです。
カタログをよく見てみましたが、やはり手ぶれ補正は搭載されないようで、その点は心底残念です。


話をα99に戻します。
いくつか気づいた点を挙げていきます。
●防塵防滴に配慮、というだけあって、ボタンは多少ぐにょります。
が、OM-D E-M5で批判があったほど露骨な感覚ではなく、自然にぐにょるため違和感がありません。
さすがにこのあたりの作りこみはオリンパスではソニーに勝てない部分があるのかもしれませんね。

●よく使うボタンは、触れたら分かるような造りになっています。
よく見ていただくとわかっていただけると思うのですが、スマートテレコンボタン、ちょっと反り返っていて、
手でなぞると他のボタンとの見分け(指分け?)が一発OKとなっています。
スマートテレコンボタンが分かりづらい、これは使っている人にしかわからないことですので、
このあたり、よくユーザーの意見を吸収したのだなと思います。


●ファインダーは、「おお、改良されてるじゃーん」という印象
今回α99を触れていて一番印象が良かった部分が、ファインダーです。
α77やNEX-7より更に改善した、とは紹介記事で読みましたが、本当に改善されています。
遅延問題を無視して見え方だけで論じるならば、もはや光学ファインダーに並んでいるのではないですか?
α77やNEX-7はまだ「電子的、言い換えれば作り物的」な見えかたをしていたし、
OM-D E-M5も「使いやすさ・見やすさではα以上」ではあったものの所詮はEVFと言われるレベルでしたが
今回のα99は極めつけです。現行のEVFのレベルを一段押し上げたと言えるでしょう。
これはぜひ体感していただきたいところです。AFや連写やISO感度よりもエポックメイキングだと思います。

あと、ボディのαロゴがオレンジではありません。
また、マウント部分のシナバーリングがメタル光沢化していてちょっと差別化されています。
フルサイズボディということで、今までのボディとちょっとずつ変わってきています。


結論:これは買うしかないじゃないか。
α99貯金してきて良かったです。発売日が楽しみです。
最大の動機はファインダーです。って、α900の時にも書いた気がするなあ。
あれから4年、高感度ノイズの改善以外にはこれ以上のボディは登場しないと思っていたのですが、
ソニーはその斜め上を行っていました。着実に積み重ねているのだなあと今更ながら思い知りました。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/454-865ce338