ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その5 東京駅丸の内口夜景編
2012/08/12 Sun 21:52 マイクロフォーサーズ
当ブログとしては毎度おなじみ東京駅丸の内側の夜景でございます。
会社帰りに寄りやすいんだものしょうがないよねw
東京駅の復原工事もいよいよ大詰め、
ステーションホテルの予約受付も始まっており、いよいよという感じです。
当ブログがかねてから予言していた「今年のクリスマスはミレナリオ復活」は当たるでしょうか。
楽しみに待つことにいたしましょう。



参考写真。2006年7月30日撮影です。約6年前ということになります。
この時代は2階建てでした。もともと3階建てだったものが戦争で3階が失われていたわけです。
それが最初の3階建てに修復される、と。
「2階建ての東京駅」自体が戦争の悲惨さを伝える貴重な史料なのだ、と復原に反対する向きもあるようですが、
今回の復原工事は地震対策強化も目的のひとつですし、取り壊し案もあったことも考慮すると、
保存されるだけマシ、計画も妥当なのではないかな、と思います。
そもそも都心部を散々開発しまくって今更「東京駅だけは戦災の傷を残せ」というのもおかしな話ですし。
他の場所でも「戦災保存」を理由に再開発に反対しているのであれば主張にブレがないと思うのですが…


内部もほぼ出来上がっているようです。


下半分は従来使われていた石材、上半分が新しく持ってこられたものですね。
使える部分は使う、その意味で単なるレプリカとはならず、歴史的建造物である点は継承されるわけです。


丸の内の高層ビル街は、新宿ほどの超高層ビル群ではありませんが、周囲に比べて際立って林立しているので目立ちます。
ニューヨークの金融街みたいなイメージですかね。行ったことありませんが。


丸ビルのクラシカルな意匠はとても魅力的です。


ロンドン風の2階建てバスで貸切パーティーでしょうか。
コカ・コーラのラッピングバスです。オリンピックとの絡みなのでしょうね。


丸ビル5階にバルコニーがあり、このように東京駅を一望することができます。
完成して工事用の柵が取り払われたところを見るのが楽しみです。


この写真は「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」で撮りました。
時計をはめ込もうとしているところなのでしょうか。


東京中央郵便局あらため(?)JPタワー。
郵便局としてのは先月営業再開されました。
ライトアップが綺麗です。東京駅舎とあわせて帝都の玄関の風格も感じます。
首都圏は今年は節電ムードも昨年ほどヒステリックではありません。
私はその風潮を「不謹慎」だとは露ほども思っておりません。


この写真は「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」で撮りました。
この時計がこの建物の象徴というべきものだと思います。


長くなりました。
東京駅については継続的にエントリにしていこうと思っています。
よろしければどうか引き続きよろしくお願いいたします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/442-08e0f7fa