ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > マップカメラ「SONY フォトセミナー」その1 α900編
2012/08/05 Sun 09:34 ソニーα
久々のαネタですよ!
しかも今回持ちだしたのはα900。
ディスコンと聞いて修理に出したり、いろいろありましたが、まだまだα900は現役でございます。


で、8月4日、マップカメラ主催のSONYαセミナーに参加してきました。
講師は馬場信幸先生。毒舌冴え渡る馬場先生のトークを楽しみにして行ってきました。
参加費は2000円、企業の宣伝目的セミナーに参加費用とは、高いかな?と思われるかもしれませんが、
後で書きますが、私はじゅうぶん元が取れたと思っております。
内容は馬場節炸裂のボケ談義でした。
CP+などで無料で立ち聴きできる内容とそれほど大きな違いは無いのですが、
ゆったり座って聴ける点と、要所要所でメモを取ることができた点が私にはありがたかったです。


10:30~16:00という長丁場でしたが、長さは感じられませんでした。
あっという間に終わった印象です。
午前中は「レンズの味」について。
シャープなレンズというのは現在はほぼ基準以上なのでそこは問題ない。
シャープさの先にある性能=ボケ描写、レンズの味。
というお話でした。
そういうお話が約1時間、その後会場近隣の新宿中央公園にてモデル撮影実習となりました。
モデルさんは「白根アリアンヌ」さん。
フランス人のハーフとのことで、大きな瞳が印象的な色白の綺麗なモデルさんでした。
なお、モデル撮影の写真をウェブに掲載することについては、
「営利目的でなければOK」とのことでした。感謝しつつ掲載させていただきます。

ピントが瞳に行っていない点は見ぬ振りしてください、表情が気に入ったので掲載しました。
SONY α900
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA


撮影前の一瞬。こういう表情が本番では見られなかったので、
後で書きますがこちらを「講評に出す1枚」にすれば良かったかなあと。
SONY α900
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA


ボケ描写の確認など、作例づくりには良いシチュエーションなのだとは思いますが、
肝心のモデルさんが隠れてしまっているので個人的には微妙な写真です。
SONY α900
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA


このモデルさんは目線を外した写真も絵になるというか、個人的には納得の出来なのですが
目線もちゃんといただけましたので、そういう写真も載せなくては。
SONY α900
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA


私的には今回かなり手応えのあるイベント参加体験となりましたので、
あと何回か関連記事を書こうと思います。
ネタは分割して長持ちさせる、当サイトの常套手段であります。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/439-9561c4a9