ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その4 銀座通りの夜景撮り編
2012/07/25 Wed 22:29 マイクロフォーサーズ
パナソニックから発売されたマイクロフォーサーズ専用大口径標準ズームレンズです。
6月に発売されて約1ヶ月経ちましたが、
ここ1週間でまた一段価格の相場が下がりまして、
発売当初実質売価9万円程度だったものが、現在では8万円を切っております。
安いところですと7万円台半ばで手に入るのではないでしょうか。
もちろん、その価格推移がこのレンズの値打ちを決めているわけでは決して無く、
持てば納得、使って満足のレンズではあります。

よろしければ関連記事もぜひご参照ください。
パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その1 開封編
パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その2 神田あたりの試し撮り散歩
パナソニック「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH./POWER O.I.S.」その3 日本橋の夜景撮り編

今回は銀座です。今日も今日とて銀座であります。
とは言っても私はセレブでもブルジョアでもなく、そんなに行きつけがあるわけでもありません。
銀座通りをちょいと歩いて、一本隣の通りに入ってみたりして、
面白そうなところがあったら覗いてみたり、素通りしたり、
要は単なる「散歩ルート」というだけのことです。
で、最初に写真にするのはいつも和光、と(笑


あんぱんやさんです。銀座木村屋総本店。あんぱーんち。
私的には桜あんぱんがベストチョイスです。


山野楽器。意外とキッズものが充実。家族連れの方は通りがかりにぜひ。
桑田佳祐のアルバムを推していました。買ったけどね。
体調に気をつけてこれからも頑張って欲しいです。
てゆうか、また一曲目が「悲しい気持ち」ですかい。ついていくのも大変です(笑


ミキモトショーウィンドウ2連発です。
宝石のオブジェですが、赤・緑の組み合わせと言えば誰もがポケモンを思い浮かべますが、
ぐぐってみると「銚子電鉄ぬれせんべい赤・緑」なんて商品もありました。
ぬれせんべい、青もなかったっけかな?




マネキンを撮るのがけっこう好きなもので。
PIEの御苗場で、マネキンを上手に撮っていた写真を見て以来、
何とかなりそうなマネキンを見かけたらとにかく挑戦しています。


続けてアートフィルター「リーニュクレール」で。


影強調で撮った写真ですが、もっと狭く撮ってもよかったかもしれません。
うしろのマネキンがうるさいですね、説明的、というのはこういうのを指すのでしょうか。


様々な色の光があるというのは、幸せなことなのだと思います。
特に散歩写真フリークにとっては。


毎度毎度銀座ばっかりで、しかも撮るところが似通っていて、
もういいんじゃね?と自分でも思わないでもないのですが、気がつけばそっちに足が向いている状態ですので、
まだまだネタにはするでしょうし、そのたびに和光の時計塔の写真が載ることになりますが、
どうかお見捨てなく、お付き合いいただければ幸いであります。

あ、パナのレンズ「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」の感想ですね。
夕景、薄暮~日暮れ直後というゴールデンタイムにも、とてもよく写ります。便利に使えます。
ちょっとした散歩ならこれ一本で行くのもアリかもしれません。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/437-4a46f3b0