">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「OM-D E-M5」その5 リーニュクレール編
2012/04/02 Mon 10:41 マイクロフォーサーズ
今回の主役はリーニュクレールだ!何語だっけ!?(本文にも関係あり)
P4010247.jpg


オリンパス魂の新製品、「OM-D E-M5」関連エントリです。
今回はアートフィルターの新ネタ「リーニュクレール」についてです。
最初に聞いた時、リーニュクレールだって何だ?なぜそんなに言いにくい名前を?
と思ったのですが、Ligne claireってフランス語だそうですね。
Ligneは「線」、claireは「明確な」とでも訳すべきか。
で、仕上がった画像と合わせて考えると「輪郭や線がはっきり色づけられたポスタリゼーション」
ということですねたぶん。
絵画の技法にあるようですが詳しいことは分かりません。
ソニーの「ポスタリゼーション」に比べて色使いが淡いように思いました。

メーカーサイトやよそ様サイトでは作例としてレトロチックな小物を撮ったような写真が多く、
確かにそういう雰囲気のものに似合っているように思います。
もちろんいろいろ試すつもりですが、かなり被写体を選ぶアートフィルターな印象です。
こういう「もともとポスタリゼーションされているかのような被写体」ですと、
かえって加工した感が少なく、楽しくありません(笑
P4010024.jpg

アートフィルター「リーニュクレール」には2モードあり、
上の写真が通常モード、
輪郭線をよりはっきりさせたモードがこちらです。
P4010244.jpg

どうせこのアートフィルターを使うなら、
ここまで輪郭線をはっきりさせた方が面白みがあるようにも思います。
P4010246.jpg

折を見てまた試してみます。
これで道頓堀を撮った写真なんか、どこかにありませんかね…
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/373-d8a21b76