">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「OM-D E-M5」その2 高感度編
2012/03/31 Sat 15:17 マイクロフォーサーズ
怯えろ!すくめ!OM-Dの性能を活かせぬまま 死んでゆけ!!(本文には関係ない、かな)
オリンパス OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL 12-50mm F3.5-6.3
マクロモード ISO3200
P3310005.jpg

前回に続き、オリンパス起死回生の一発「OM-D E-M5」関連エントリであります。
本日強風にて交通機関が麻痺状態、移動もままならぬため、ボディの騒音問題は明日に持ち越します。
どうやら仕様のようですが。

で、今回は別視点から。高感度性能のチェックです。
今回のモデルさんはこちら、
「自分は死に場所を見つけました」の台詞で有名なグフカスタムであります。
オリンパス OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL 12-50mm F3.5-6.3
マクロモード ISO3200

P3310007.jpg

ここから、同じような写真が続きます。
ISO感度を変えて撮っています。
高感度のボケ味も見たかったので、ぼかしています。
周辺部を見たい場合は、右上のヒートサーベル部分などを見てください。
ISO200
00200.jpg

ISO400
00400.jpg

ISO800
00800.jpg

ISO1600
01600.jpg

ISO3200
03200.jpg

ISO6400
06400.jpg

ISO12800
12800.jpg

ISO25600
25600.jpg

また、今回に限りEXIF入り元画像を固めてアップローダーに用意しました。
Axfc UpLoaderさんをお借りしました。25MBほどあります。
悪さはしていないつもりですが、信用できるという方だけダウンロードしてください。
こちらからどうぞ
パスワードは半角すべて小文字で「olympus」です。

私的には1600まで常用OK、困ったときは3200でも納得という印象です。
夜景などで試すとまた印象も変わってくるのかもしれませんが、
高感度に強い、というのは誇張ではないようです。
せいぜい800、1600はちょっと辛いかなと感じていたPENシリーズと比べると隔世の感があります。
センサーのメーカーが変わった、ということも大きな要因のようですが、
結局どこのメーカーなんでしょうね。
私はグリップとチルト液晶に惚れて買ったクチですから、別にどこでもいいんですけど。

今回使用したレンズは、キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 12-50mm F3.5-6.3」です。
マクロモードを使用しています。
明るい場所ではとても便利なレンズだと思いました。
近いうちにこのレンズを主役にしてエントリを書きたいですね。
P3310003.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/370-ad45732b