">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > CP+2012 その4「ソニー α77でコンパニオン撮り」
2012/02/14 Tue 04:34 ソニーα
CP+2012関連の記事、第四弾になります。
前回は、オリンパスペンE-P3で撮ったコンパニオンさんの写真を掲載しました。
今回はα77で撮った写真を掲載します。

レンズは、「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA」と「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」の2本です。
ボケ量などはマイクロフォーサーズを圧倒するのですが、
惜しいかなノイズがひどい。
このエントリを書くために写真を選び、リサイズする作業の中で、
写真を見ていて腹立たしくなってきたほどです。

ニコンのお姉さんです。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01426.jpg

パナソニックのステージ上、光が多くて助かりました。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01464.jpg

タムロンのお姉さん。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01481.jpg

もういっちょ、タムロンのお姉さん。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01485.jpg

リコーペンタックスのお姉さん。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01525.jpg

ソニーのステージのモデルさん。
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.8ZA
85zaDSC01560.jpg

こちらもソニーのステージだったと思います。
ステージ上は煌々と照らされていますから、光がちょっと硬いですね。
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA
135zaDSC01286.jpg

ISO800、もしくはISO1600あたりで撮った写真なのですが、
かなりノイジーですよね。
他社の中級機で、ISO800や1600程度でここまでノイズが乗っかるカメラがありますでしょうか。
確かにボケは美しく、その点では他社の単焦点レンズなど歯牙にもかけない孤高のマウントだとは思います。
が、ボディがいただけないですね。
使えるのはISO400程度まで、これが今のα77の現実であります。
カメラの歴史を変える可能性も秘めているのに、実にもったいない。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/348-8bbdfeaf