">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 2011年のアクセス数から見る当サイトの閲覧数上位記事
2011/12/29 Thu 00:40 日記・時事・業界
今回は写真無しです。

今年もあと数日でおしまい、
震災を筆頭に、色々なことがありました。
来年はより良い年になりますように。

さて。
本エントリでは、当ブログの1年間で、どの記事をよくご覧いただけたか、
そのランキングを見て、傾向というか、
今年は当ブログ的に何に注目が集まった年だったかを考えてみようと思います。

1位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8」
P9090850_20111230001431.jpg
当ブログ、というより私自身は、ブログタイトルにある「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」を、
「ソニーαを持ち出せる時はそちら優先、ソニーαが出撃できないときはマイクロフォーサーズ」と、
ある程度優先順位をつけて使い分ける傾向にあります。
記事の数もそれが反映されてソニーαの方が多いのですが、
今年のアクセス数は7:3でマイクロフォーサーズ関連が多い状況になりました。
7月以降、魅力的なボディやレンズが立て続けにリリースされたからだと思いますが、
それにしてもマイクロフォーサーズに勢いを感じる年でした。

2位:オリンパス「PEN E-P3」
P0251402_20111230001350.jpg
7月に発売されたオリンパス入魂の新型ボディでした。
注目度も非常に高く、当ブログもその影響を受けて7月以降のアクセス数が
それまでの約2倍のペースに跳ね上がり、その後漸減しつつも(笑)ある程度維持して現在に至ります。

3位:SONY「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2 ZA」その3 丸の内仲通り
DSC02223_20111230001259.jpg
ソニーのカールツァイスブランド高級広角単焦点レンズです。
なぜかこの記事がコンスタントに見られていて、今でも閲覧数が増えている状況です。
大したことは書いていないのですが(笑
おそらくは検索エンジンで上位表示されているのでしょう。
何が引っかかったのでしょうかね。

4位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」
DSC03976_20111230001352.jpg
E-P3と同時にお目見えしたオリンパスの高級広角単焦点レンズです。
ピントリングをガコッと手前に引くとマニュアルフォーカスモードに早変わり、
というギミックを搭載しています。
私のような素人にもとても使いやすい万能お散歩レンズであります。

5位:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」
DSC03989_20111230001351.jpg
パナソニックの換算50mm標準大口径単焦点レンズです。
私はライカブランドのレンズを初めて所有しました。写りそのものよりもその感慨が深いです(笑
ボケ味はオリンパス45mmF1.8に譲りますが、使用頻度の高いレンズです。

6位:α・PEN所有者として、現時点のソニーNEXが買いかどうか考える
写真無し記事がこの順位に入りました。
αとマイクロフォーサーズを持つ身として、ソニーNEXが必要かどうか考えた、という記事でした。
今でも「ボディ内手ブレ補正でない」という理由で購入を躊躇していますが。
パナソニックではなくオリンパスのボディを求めるのもそれが理由のような気がします。

7位:α77@横浜赤レンガ倉庫「横浜オクトーバーフェスト2011」
DSC00126_20111230001306.jpg
α77を買ったその日に横浜へ出かけた時の記録です。
とにかく飲み食いが高くついた印象です。楽しかったですけど。

8位:浜離宮恩賜庭園 2011年春 菜の花編
DSC02362_20111230001259.jpg
当ブログの4月の検索ワード上位が「浜離宮恩賜庭園」でした。
菜の花の名所であり注目度がそもそも高いのに加えて、
当ブログがその検索ワードで上位表示されていたことも閲覧数が多かった理由でしょう。

9位:ソニー「α77 SLT-A77VQ」
PA140355_20111230001443.jpg
私が今年購入した機材の中で最大の問題児であります。
手に持った時のしっくり感は上々なのですが、とにかく画質がつらい。
ネットで散々酷評されていましたが、その評価は概ね正しかったように思います。
今は改善されたのか、見慣れたのか、気にならなくなりました(笑

10位:第13回国際バラとガーデニングショウ バラ編
DSC02504_20110514024433_20111230001353.jpg
西武ドームで行われていたイベントです。会場はものすごい人出でした。
ガーデニング楽しそうでした。私も一戸建てとかに住んでいたら手を出していたかもしれません。
来年もぜひ行きたいと思っています。このイベントは興味のない人にもオススメできます。

11位:オリンパス PEN E-P3@ラビスタ函館ベイ
P7280715_20111230001434.jpg
函館の人気ホテル「ラビスタ函館ベイ」の記事ですね。
このホテルの最大の魅力は最上階の露天温泉大浴場と朝食バイキングですが、
ホテル全体の雰囲気もとても素敵です。

12位:オリンパス PEN E-P3@銀座界隈
P8062669_20111230001433.jpg
銀座へE-P3を持って出かけたら反原発デモを見かけました、という記事でした。
私自身は原発、というか発電方法については「何でもいいから上手くやってくれ」というところで
いわば思考放棄していますので偉そうなことは言えないのですが、
ともかく意思表示することは大切ですよね。

13位:オリンパス PEN E-P3@浅草寺
P8062021_20111230001433.jpg
E-P3に搭載された「ドラマチックトーン」というアートフィルターの威力を堪能しました。
少しくすんだ赤がお寺に似合う気がしました。
浅草では動画も撮りましたっけね。YouTube掲載の初体験をしました。

14位:α77@丸ビルでお昼ごはん
DSC00492_20111230001306.jpg
丸ビルでハンバーガーを食べました、というだけの記事でしたが、
なぜかこの順位にいるのが不思議です。
きっとハンバーガーが美味しそうに撮れていたのでしょう。

15位:オリンパス「PEN E-P3予約キャンペーン 限定プレミアムオリジナルグリップ」
DSC00358_20111230002234.jpg
E-P3予約購入キャンペーンで応募していたオリジナルグリップが届きました、という記事でした。
私のE-P3には、このグリップが今もついています。
てゆうか、交換するのがどうでもよくなってきました(笑

16位:御殿場高原時之栖「時之栖冬のイルミネーション2011-2012 」
DSC01000_20111230001305.jpg
11月の記事で、アクセス数を稼ぐ「機材関連記事」ではない記事の中では特筆すべきランクインですね。
時之栖は良かったなあ。特に夕食バイキングは楽しかったなあ。記事とは関係ないけど(笑

17位:また行ってきたアンダリゾート
DSC02379_20111230001256.jpg
2月末、震災前に出掛けた伊豆高原アンダリゾートの記事でした。
アンダリゾートは普通に過ごす分には遊び代や食事代がすべて宿泊料に含まれているシステムで、
観光ホテルにありがちな「たけのこ剥ぎ」的な追加料金攻撃が無い点が清々しくて素敵です。
仮にその料金体系でなかったとしてもこのホテルへはぜひまた行きたいと思っています。

18位:箱根旅行2011その4 箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」
DSC03309-1_20111230001352.jpg
箱根・強羅駅前にある巨大な観光ホテルです。
シンプルな内装の部屋ですが、全室客室露天風呂付きというのが特徴です。
夕食朝食も非常にボリュームがあり、食べ切れないほど出てきました。

19位:オリンパス PEN E-P3@SL函館大沼号
P7301164_20111230001434.jpg
函館駅と森駅とを結ぶ夏季限定のSL列車に乗せていただける機会を得ました。
私はライトな鉄道ファンですが、SLに乗るのはこの時が初めてで、
道中とても楽しく過ごすことができました。

20位:オリンパス PEN E-P3@池袋サンシャインシティ「スイートプリキュア♪キラキラハーモニー」
P8265263_20111230001432.jpg
池袋サンシャインで行われていた夏休みイベントです。超混雑。
写真撮影1時間以上待ちだったのが印象に残っています。
パパはハートキャッチがいいけどね。

なお、同一タイトルの「その2」「その3」といった続き記事はカウントしていません。
機材ネタが多くのアクセス数をいただけるということは以前から(α900の頃から)判明していたことですが、
旅行ネタにもある程度のアクセスをいただけていて、その点も私は嬉しかったです。
ちょっと寂しかったのは、クリスマスイルミネーション関連が上位にまったく入ってこない点で、
私としてはかなり思い入れ深く撮りに出掛けているシリーズなのですが、
時期的にも集計上は不利になることもあり、今後も年末集計では上位には来づらいコンテンツですね。

来年もいろんな経験をして、いろんな記事を書きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/332-f0faac2e