">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 六本木ヒルズ「Artelligent Christmas 2011 in Roppongi Hills」
2011/11/28 Mon 23:20 ソニーα
首都圏の主だったクリスマスイルミネーションイベントのうち幾つかは、
11月のうちに始まります。
今回エントリにした六本木ヒルズも、11月の早い時期から始まり、
クリスマスまで行われます。
芸能人が参加した点灯式がテレビで流れてもいましたね。

今年のスポンサーはサントリー、ということなのでしょうか。
DSC01161.jpg

東京タワーが建物の隙間から見えるのですが、そのポイントはいずれも人だかりになっています。
DSC01172.jpg

ショーウィンドウもひときわ綺麗に飾られています。
後で見返したらこの写真は微妙ですね;
まるでマネキンが病気のようです。フォトショップで消せばよかったのでしょうが…
DSC01171.jpg

六本木ヒルズのイルミネーションの主役、けやき坂です。
例年通り、白いイルミネーションが美しいです。
定番の場所については下手な小細工は不要、毎年同じでいいと思います。
DSC01180.jpg

けやき坂のイルミネーションのスポンサーは、サムスンのようです。
ただ、「SAMSUNG」の名前を前面に出さず、「GALAXY」と表記されています。
DSC01193.jpg
この方法でいくと、サムスンも今度こそ日本市場に進出できるかもしれません。
家電製品に関しては日本人には国産信仰があるらしく(私にはあります)、
韓国製に限らず米国製なども含めて、日本市場に進出するのに苦戦している印象があります。
そんな中、メーカー名よりも少しでも認知されたブランド名を優先して浸透させていこうという作戦は、
ソニーやパナソニックの例を出すまでもなく、うまくいきそうな気がします。
DSC01188_20111128225622.jpg

六本木ヒルズのイルミネーションは、見ながら歩いていてとても楽しいです。
ドラゴンクエスト展、見に行きたいけれども混雑しているらしいのが辛いです…
DSC01174.jpg

最後。六本木ヒルズ森タワー。
こうやって見上げていると、バベルの塔ってこんな感じだったのかな、などと考えてしまいます。
DSC01160.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/322-d04de89d