">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「PEN E-P3」その4
2011/08/08 Mon 23:33 マイクロフォーサーズ
オリンパスが満を持して発表した新型デジタルカメラ、
「PEN E-P3」についてのエントリです。

過去の関連記事です。
オリンパス「PEN E-P3」
オリンパス「PEN E-P3」その2
オリンパス「PEN E-P3」その3

購入して1週間以上経ちました。
シャッター数約1500になります。
私としては多いほうです。
使い込んだとはまだまだ言えないレベルですが、
感想をいくつか書いていきます。

●アートフィルターは「ドラマチックトーン」を多く使っています
目新しさもあり、「ドラマチックトーン」をよく使っています。
クロスプロセスもよく使いますが、今はドラマチックトーンがマイブーム。
撮り方で色々な仕上がりが楽しめるのが魅力です。

函館で夕景を撮影したら、日本画のような仕上がりになりました。
P7280523_20110808231630.jpg

飛行機の機内から撮影したらこんな感じになりました。
P7301533.jpg


●タッチパネルはこれからの熟成に期待
正直、タッチパネル機能は使っていません。
画面をタッチしたらシャッターが切れる、というのも試してみましたが、まだしっくり来ません。
再生画面でiphoneみたいに指でピッと次の写真に横すべり、みたいなこともできますが、
スマートフォンほどぬるぬる動きません。
ライブビュー画面上で各種設定を呼び出せるので、それをタッチで何とかできるのかと思いきや、
その辺の操作は今まで通りボタン操作であります。
現時点ではAFとシャッターと再生時の操作だけ?
私はオートフォーカスは原則的に中央一点しか使っていません。
それ以外にAFポイントを移動させることはほぼ無いのですが、
知らずのうちにタッチパネルに触れてしまい、AFポイントが移動してしまう。
非常にわずらわしかったので、誤操作防止のためOFFにしました。
ほんと主観で恐縮ですが、タッチパネルは現時点で使っていません。
どうせ採用するなら、もっと何でもできないとね。

●AFは確かに速い、実用度も上がった。
以前に「AF速度向上はどうでもよろしい」という趣旨の記事を書きましたが、
ちょっと撤回しようかなと思います。
と言いますのは、
E-P1ではイライラするほど遅くてものの役に立たなかった
「パナソニック LUMIX G VARIO 45-200mm F4.0-5.6/MEGA O.I.S.」のAFが、
実用レベルの速度に達していたのです。
正直お蔵入りと思っていたパナソニック45-200mmですが、
今は主力レンズの仲間入りしそうな勢いで使っています。
パナソニックのGシリーズボディを使っている方は、
こんな不満を感じたことはなかったのかもしれませんね。
オリンパスボディもようやく追いついたのか、という印象です。

●動画を初めてアップします。

お粗末極まる動画で申し訳ございません。
手持ち撮影でアートフィルター「ジオラマ」動画です。
このアートフィルターでの動画は、1秒の動画を作るためにに5秒ほど撮影します。
手持ちで撮影したために画面も動きまくって見づらいですが、
ちょっと思いついたら即座にこんな動画を撮ることができます。
お気軽アートフィルター動画の可能性を探ることが、
当ブログでも今後あるかもしれませんが、ないかもしれません。
あくまでも写真で勝負であります。

●謎の中国製バッテリーは、持ちは良いがやはり怖い
以前から興味があった「非純正バッテリー」というのをいくつか買ってみました。
通販で別のところから別の容量のものを購入したのですが、
製造は同じ所のようです。
made in Chinaね。
左が1500mAhで1400円程度、
右が1800mAhで1600円程度であります。
ちなみに、純正はBLS-1、BLS-5ともに1150mAhです。
P8051813.jpg

1500mAhの方を使ってみての印象ですが、
初回充電時間は1時間20分程度で充電完了、
5時間で300シャッター、1100画像を生成しても画面上の電池残目盛りは満タンのままでした。
自宅に帰り充電器に挿し込むと、1時間かからずに充電完了。
これだけ書くと「ん?使えるってこと?」と思われるかもしれませんが、
普段の保管時はその電池はボディから抜いて、しっかり純正を挿してます(笑
どうもね、偏見かもしれませんが、中国製って爆発しそうじゃないですか。
非純正バッテリーが原因の故障が起きたとき、保証はされませんよね。
実用上今のところ問題ありませんが、
ちょっと臆病風に吹かれながら使っている状態です。


当分の間、少なくともα77が発売されるまでの間は、
我が家ではE-P3がメイン機になりそうです。
画質的にも使い勝手も「E-P1は一眼レフのサブ機」という認識でおりましたが、
E-P3と、新規購入した2本の単焦点レンズによって、
我が家のマイクロフォーサーズも「なんちゃって一眼」から卒業できそうであります。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/284-a154d21d