">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」
2011/08/01 Mon 22:15 マイクロフォーサーズ
新型カメラ「E-P3」と同時発売されたオリンパスの高級広角単焦点レンズであります。
今回は外観や質感について。

DSC03975_20110801215345.jpg

上の写真を見ていただければ伝わると思うのですが、
シルバーボディのPENに、非常に良く似合います。
金属鏡筒で小型ながらずっしり感があり、所有欲を満たしてくれます。
このレンズ、実は鏡筒はシルバーではなく、シャンパンゴールドです。
さすが実売7~8万円のレンズです。
従来のマイクロフォーサーズレンズに比べて高級感が漂います。
スノッブな方には「安っぽい高級感」などという評価をされるかもしれません。
かつての「P101シャンパンゴールド」みたいな高級路線を狙っている感がありますので。
ですが、持ってみると「お、なかなかいいじゃーん」という感想を持つ方は多いはず。

ピントリングを手前(ボディ側)に引き寄せると、
距離目盛が出てきます、と同時にMF操作できるようになります。
ボディ側でのAF→MF操作は不要、この機能は良いですね。他のレンズでも採用せい(笑
DSC03976.jpg

今回このレンズを購入すると同時に、専用レンズフードと専用レンズキャップを購入しました。

DSC03980.jpg

レンズフードは実売8000円程度、
レンズキャップは実売4000円程度と、非常に高価な品物です。
レンズとの見かけの親和性のみを重視して購入したもので、
広角単焦点にフードを(大金をかけて)購入する必要があるのか?とも思いますし、
レンズキャップが金属である必要があるのか?とも思いますし、
そもそもこのレンズフードとレンズキャップ、同時装着ができません
ですがまあ、せっかくのアクセサリーですので、祭りということでひと通り揃えさせていただきました。

DSC03983.jpg

写りと関係ない部分をつらつらと書いてきましたが、
次回エントリでは私なりの試写画像を掲載したいなあと。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/277-12cea8eb