">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「PEN E-P3」その2
2011/07/30 Sat 22:55 マイクロフォーサーズ
オリンパスの新型デジタルカメラ「E-P3」の感想記事です。

前回
オリンパス「PEN E-P3」
の関連記事になります。

2泊3日で北海道に行ってきました。
今回はαシリーズはお留守番、E-P3と交換レンズだけで出掛けてきました。
旅行詳細は別エントリにまとめていきますが、
ここでは「E-P3を数日間使い込んだ感想」を箇条書きにしていきます。

●電池の減りの早さを侮るなかれ。

電池は、そりゃもう減りまくります。
私の場合1日あたり約400枚のシャッターを切り、700枚程度の画像を生成しました。
で、1日持ちませんでした。300シャッターあたりで電池切れを起こしました。
ですので、終日使い込むつもりなら予備電池は必要になるかもしれません。
今回同梱されていた充電池はBLS-1という、E-P1時代からあった電池ですが、
今秋以降はBLS-5という新型電池に切り替わるのだそうです。
容量自体は変わらないそうですが、
BLS-1とBLS-5では充電器は共用ではないとのこと。それはともかく。
300枚撮れれば電池の持ちは充分、だとも思うのですが、
光学ファインダーではありませんのでライブビューは動きっぱなし、
撮影ごとの画像処理も大変なわけですので、電池の持ち問題は宿命とも言えそうです。

●アートフィルターブラケットは使える。

ブラケット機能というのは、要するに「1回のシャッター時に、異なる設定の複数の画像を同時生成する」
という機能なわけですが、
従来は露出を変えて3回シャッターを切る、というようなものでしたが、
E-P3では
「ホワイトバランスブラケット」
「ISO感度ブラケット」
「フラッシュ補正ブラケット」などとバリエーションも広がりました。
その中でも最も「これは使える」と感じたのが、
「アートフィルターブラケット」であります。
これは、シャッターを切ると、アートフィルター効果をかけた画像を同時生成するというもので、
アートフィルター種類別に
「このアートフィルターはブラケットする」「このアートフィルターはブラケットしない」と、
On/Offできますので、
アートフィルターと画像仕上げのバリエーション全てを生成する設定にすると、
最大17枚の画像を1回のシャッターで生成することになります。
もちろん、一瞬で17枚の画像を生成できるわけではなく、それなりに時間はかかります。
私の場合、ドラマチックトーンとクロスプロセスを最も多くブラケットして撮りました。

アートフィルターを反映していない「元画像」状態のもの。
P7280135.jpg

「クロスプロセス」を同時生成。
P7280136.jpg

「ドラマチックトーン」を同時生成。
P7280137.jpg

こんな感じで、1回のシャッターでアートフィルター画像をどんどん作ってくれます。
もちろん「このシーンではこのアートフィルターは効果を発揮できてないな」というのはあります。
しかしだからこそ、アートフィルターブラケットを使用することには意義があると思います。
後で見返すと意外な発見もありますし。


次のエントリにも続きます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/275-e005ac33