">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > CP+2011その1「ざっくり見て回る」
2011/02/12 Sat 23:18 日記・時事・業界
一年に一度の楽しみ、フォトイメージングエキスポあらためCP+に行ってきました。
昨年からイベント名が変わり、開催地が横浜になったわけですが、
横浜市はこのイベントを中核に据えてこの時期写真をテーマにしたイベントを集中的に開催するという盛り上げ方をしておりますが、
残念なことに肝心のお天気が大荒れ、雪、ふぶいていましたよ;;

DSC01777.jpg

DSC01956.jpg

会場は広々としていて、ビッグサイト開催時にはとてもナーバスになっていた「(セミナーを立ち見する人に対して)前に詰めてください」という声かけが少なかったように思います。この点は改善点ですね。
DSC01779.jpg

富士フイルム注目の「FinePix X100」、開場直後に富士フイルムブースに向かったのに、30分待ちと言われて退散。所有欲を刺激する良いカメラっぽかったのですが、まあ買う予定も無いですし展示品を撮るだけでスルーしました。カタログも順番待ちして実際に触った人にしか配布しないと。おいおい;
DSC01807.jpg

ペンタックスブースはとてもカラフルでした。
私としては特に見るものも無かったのですがそれでも目にとまる感じです。
ペンタックスブースはプロの写真家が実際に撮った写真を大きく伸ばして展示するのが常でして(というかそれをやっていないマウントベンダーはソニーだけなのだが)、
それを見るだけでも楽しく過ごせます。
DSC01854.jpg

DSC01865.jpg

今年は「女子カメラ」的なイベントが多かったようですね。
キヤノン・ニコンともブース内に専用セミナースペースが用意されて、一般参加者相手に撮って、刷って、講評するという楽しそうなイベントをやっていました。

で、そんなニコンなのですが、セミナーの充実度は言うまでもないのですが、
ひとつ興味を惹かれたので思わず撮ってしまったのがこのコンパニオンさん、
DSC01804.jpg
やる気がまったく無い(笑
前日に彼氏と喧嘩でもしたのでしょうか。
あるいはステージ上で素人カメ男に晒し者になっているのが嫌だったのでしょうか。
私は後者なのかなと思ったのですが、
あげつらってすみません、すらりとしていてスタイルも良いし、普段は素敵なんだとは思いますが、
CP+会場にあっては微妙に浮いているように見えたものですから。

私がここで感じたのはそれだけではなく、
思うにこのCP+、カメラの展示会ですから一般来場者はカメラを持っていって当然、
などと考えているのは私たち一般来場者の一方的な思い込みだったのかなと。
実は主催者や出展社は「来場者に撮られることを想定していない」のではないのかと。
そんなことを思ってしまいました。

まあ、ケンコーやタムロンみたいに
「さあお話は終わり、ここからは好きなだけおねえちゃんを撮って頂戴」
というようにサービス精神旺盛なブースもあるわけですから、
私の取り越し苦労だとは思いますが。

そういやあ、今年のケンコーは水着を見なかったなあ。
会場側から制限でもかかったのかな?
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/216-f3a27edf