">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 六本木ヒルズ「アーテリジェントクリスマス2007」
2007/12/21 Fri 23:30 ソニーα
東京ミッドタウンを離れた頃には、すっかり日は暮れてしまっていました。
夕景夜景撮影は「日が暮れかけが美味しい」とはセミナーや知人カメラマンさんも仰っていた事なので意識していたのですが、完全に日が沈まないうちに六本木ヒルズへたどり着くことはできませんでした。

とはいえ、「東京の夜空には色がある」とも言います。
様々な明かりによって「完全な暗闇」にはならないわけですから、
撮り方によっては空の色に厳密にこだわる必要はないのかもしれません。

などと考えながら六本木ヒルズ入口。
最初に目にとまったのは、イルミネーションではなく、巨大な郵便ポストでした。

DSC02020.jpg

六本木ヒルズのイルミネーションは赤を多用したもので、ミッドタウンの青との絶妙な対比を見せてくれました。申し合わせているのかは謎ですが。

DSC02027.jpg

ただ、光量的にはミッドタウンの方が多かったように思います。
といいますか、ミッドタウンが如何に気合を入れていたかが、六本木ヒルズを見比べるとよく分かります。
カメラ野郎(私を含む)の数はミッドタウンよりかなり少なく、下手したら私一人なんじゃないか?とすら感じるほどでした。
正直言って、ちょっと地味かな?と感じたぐらいです。

DSC02030.jpg

が、六本木ヒルズのイルミネーションには「けやき坂」という秘密兵器があります。
期待というか祈りをこめて裏手(?)に回りこんだところ、
そちらには白のライトで装飾された道がありました。
正面側より余程気合の入ったイルミネーションでした。
六本木ヒルズへイルミ見物へ行く方は、必ずけやき坂まで見てください。
でないと行った意味がない(笑

DSC02061.jpg

六本木ヒルズといえば、森タワーが有名です。
拝金主義者の巣窟(笑)として一時期悪名としてひびいてさえいたビルですが、
ここへ行ったなら、まあ被写体としては外せません。
というわけで、六本木ヒルズではほぼ広角レンズのみの撮影となりました。

DSC02067.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/18-3ec732d6