">
FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > スポンサー広告マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX GH5S」その1 開封編
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を導入しました

P1080154 当ブログ・2018年最初の機材導入にしておそらくクライマックスであろうカメラの登場です。 パナソニックのレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX GH5S」であります。 値が張りますね。ヨドバシ価格で32万3870円でした。 私の人生で2番目に高いカメラです(笑

GH5Sはそこそこ人気があるようですよ

前回・前々回と記事で触れてきて、なんだかんだ言って欲しかったんですよね。 私は新機材導入の場合、最初にヨドバシカメラで購入することを試みます。 ものすごーく気になっていたので、毎日予約状況をヨドバシ・ドット・コムで見ていました。 ヨドバシドットコムではずっと「予約受付中!発売日にお届け」となっていたのが、 発売日前日に「予約受付中!発売日以降にお届け」に変わりました。 ヨドバシ用語でこれは「初回入荷分予約完売」を意味するので私は「ああ、ダメだったか」とガッカリ。 ちょっとテンションを落としつつ本日の発売日を迎えました。 朝、電車を待つ駅で何となく、半ば癖になっていたのでヨドバシアプリを起動。 そしたらですよ。「在庫残少」となっているではありませんか! ヨドバシ用語でこれは「在庫あるよ、だけど急いだほうがいいよ」ですので、慌ててその場で予約。 私は原則的に宅配は利用しません、迷わず店頭受け取りを選択し、昼休みにヨドバシ店舗へ走ったのでありました。 そんなわけで無事ゲット。激動の1日を過ごしてこの記事を作るに至ります。 この記事を書いている最中もチェックしてみましたが、店頭在庫は徐々になくなっている様子。買うなら今だ! 余談ながら同時発売されたG9Proはそれに比べると多少在庫に余裕があるようです。(ヨドバシ・ドット・コムによる) どちらを選ぶにせよパナソニック入魂のフラッグシップ2モデル同時発売。乗るしかないぜこのビッグウェーブに! P1080153

久しぶりに一眼レフタイプのカメラ

外観の話ですが。ここしばらくの間私は「LUMIX GX7mk2」と「ソニーα7SII」をとっかえひっかえ使っていましたので、 このような「一眼レフタイプの外観のカメラ」を久しぶりに触りました。 中身はビデオカメラみたいなもんなんですけど、じゃあビデオカメラ買えよ、って話ではあるんですが、 それでは(私のような)写真も大事にしている人を拾えないのでしょうね。 世間的にはダサいという評価らしいですが、私は実物を目にして手に取った上で、これで全然OKだと思っています。 P1080155 我が家のエース機・α7SIIと並べてみます。 写真では大きさは似ていますが、奥行きなどはGH5Sが若干大きめです。持った時の感覚もGH5Sの方が大きいかなあ。 でも、取り付けるレンズによってはGH5Sの方が小さいです。 レンズいくつか持ち出す状況では、さすがのマイクロフォーサーズ、システムの小型化には一日の長があります。 それはともかくよく見たらこのコンビは「ザ・高感度兄弟」! この先の記事でこのドS兄弟で撮り比べてレビューなんかもするかもしれません。しないかもしれません。 P1080159

手振れ補正はレンズ頼みです

さて、詳細スペックが出回った際にビデオグラファー界隈がざわついたのが「ボディ内手ぶれ補正非搭載」。 「焼鳥はタレに限る、手振れ補正はボディ内に限る」というのが我が家の家訓でございますので、 GH5Sの仕様を見て、購入にちょっぴり、いや、かなり二の足を踏みました。 まあ結局買ったんですけどね。手振れ補正を期待できないカメラです。 ただ、パナソニックには「手振れ補正付きレンズ」がいくつかあります。それらを使えばいいや。 幸いGH5S側も「手振れ補正付きレンズを付けてくれたら電子補正でサポートするよ」という「GX8方式」です。 フィックスの時には手振れ補正無しのレンズを使い、やむなく手持ちの時には手振れ補正付きレンズを使う。 それで乗り切ろうかな。まあ写真の時は大丈夫でしょ。このカメラ、高感度も結構いけるらしいですし(笑 P1080158 まあ、継続して要望していきたいのは「手振れ補正無しのレンズを付けたときも電子補正を効かせてほしい」という点ですね。 CP+で要望してみようかな。

マイクロフォーサーズよ、私は帰ってきた!

そんな感じで電源を入れて諸々初期設定しつつブログ用の写真を撮っていたわけですけれども。 そこに我が家のマイクロフォーサーズレンズ達がわらわらと集まってきました。 「お?おやびん、あっしらの出番ですかい?」 「待ってましたぜ、おやびん!」 レンズ達がそう言っているような気がしました。 待たせてごめんな、これからはお前たちとも出掛けるからな、以前のように! P1080160

今回はこの辺で

そんなわけで晴れてGH5Sを導入、かなり厳しい出費でしたが一片の悔いなし。 完全にソニーαに回帰していた我が家において、果たしてマイクロフォーサーズの復権が成ったのか!? それはこの先の記事をご覧いただくことといたします。 次回もGH5S及びマイクロフォーサーズ関連の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1778-0e24298d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。