">
FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > スポンサー広告ソニーα > 年末撮り歩き その5「日本橋」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2018/01/06 Sat 22:40 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
2017大みそか5

年末撮り歩きシリーズ、5回目は日本橋

年明け早々ドツボにはまっているシリーズ第5弾となります。 昨年大晦日に撮り歩いたことを記事にしているわけですが、我ながら5回も続くと思わなかった。 高木神社についてはきちんと書こうと思ってそれを実際に行いました。 が、その前後のネタでここまで記事数が膨らむとは。 「ネタは分割して長持ちさせる」が当ブログのモットーとは言え、ダラダラ感が出てますね。 ちょっと急いで進めることにいたします。 今回も日本橋、徐々に歩き進めていきますのでそれを見てください(笑 DSC04149

お江戸日本橋

日本橋です。みんな大好きお江戸日本橋。 五街道の起点にして、現代では国道1号を始めとしていくつもの幹線道路の起点でもあります。 街道歩きマニアの聖地、らしいですがたしかにその威容は現在も残っているように思います。 DSC04168 橋は歴史的なスポットでもありますので、観光客対応ということもあるのでしょうがこのように照明が特別あつらえとなっています。 もちろん観光需要だけが目的ではないはずで(外国人がここで「Oh,fantastic!」とかやってるのを見たことがない)、 やはり日本人にとって日本橋が「特別な場所のひとつである」ということなのだと思います。知らんけど DSC04169 そんな日本橋の下を流れるのは日本橋川。命名はどっちが先なんでしょうね(笑 江戸時代には写真右側の岸にずっと市場が並んでいて、それを「魚河岸」と称していたそうです。 その300年の歴史を断ち切ったのが1923年の関東大震災です。 魚河岸が壊滅し、その再建がこの地ではなくて銀座に近い海軍の土地に移転する形で再開、 それが現在の築地市場であります。 日本橋魚河岸の歴史は300年以上、続く築地市場の歴史は100年弱。 今年2018年には豊洲に移転するとの事で、この先100年単位で東京の食を支える市場になってくれれば、と思います。 DSC04172

常盤橋プロジェクト

さて、そんな日本橋を後にして歩みを進めます。 永代通りに平行する道を西へ進み、呉服橋交差点の近くに出ます。 この場所はビルの解体が進み、ほぼ見通しの良い土地になっていますが新しいビルが建つ予定です。 DSC04174 三菱地所によってこの地に「日本で最も高い高層ビル」の建設が進んでいます。 現在は総称して「常盤橋プロジェクト」、映画『シン・ゴジラ』の東京駅前決戦で、ゴジラを転倒させるための決め手になった建物です。 写真で言う「B棟 390メートル」というのがその超高層ビルになるそうです。 完成は2027年、10年後です。私はそれまで生きていられるだろうか? DSC04181 映画『シン・ゴジラ』から引用。このビルです。 shingodzilla.jpg 位置関係としては、こちら「東京駅日本橋口」の真向かいになります。 もし常盤橋プロジェクトの超高層ビルがあべのハルカスやランドマークプラザのような観光名所になるならば、 観光客にここを渡らせるには横断歩道と現在の地下道だけでは足りない気がします。 たぶん一体で地下道を拡充するのだろうと思いますが、きっと歩車分離のアイデアがあるのでしょうね。 DSC04182

今回はこの辺で。

そんなわけで、日本橋と常盤橋近辺の写真を掲載してまいりました。 永代通りに出てJRをくぐり、丸の内方面に進むのであります。 開発され尽くしたように見える東京駅周辺ですがビルの建て替えは今もどんどん進んでいます。 この先品川周辺が建設ラッシュになると思うのですが、 それまでの間はこのあたりが再開発しまくりゾーンの代表格、になるのでしょうね。 DSC04185 次回はこの先、丸の内方面に進んだ時の写真を掲載いたします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1773-00debf43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。