">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > SONY「α550 DSLR-A550」
2010/10/28 Thu 00:37 ソニーα
周回遅れもいいところのディスコンモデル、α550が家族に加わりました。
思えばα55の購入を真剣に検討していたはずだったのですが、どうしてこうなった?的な決着であります。
α55すげえ、自分のレンズで試してないけど何だかAF速そう、欲しい、だけどファインダー微妙だな、発熱ひどくて動画撮影3分ってちょっと微妙じゃね?
手ぶれ補正動作をオフにして、って、
センサーシフト式ボディ内手ぶれ補正を搭載しているオリンパス・ペンE-P1ですら、
動画撮影時は電子補正で対処してたし、やりようはあったんじゃないの?

というわけでトランスルーセントミラーテクノロジー搭載モデルは次世代機種待ち、
代わりに白羽の矢が立ったのがα550でありました。

α55には及ばないまでもAFは速いらしいし高感度ノイズの改善も行われている、
ソニーとしては至極まっとうな機種です。
国内では地味な存在でしたが海外では結構売れていたとも聞きます。
α350に始まるこのタイプのカメラとしてはおそらく最後のモデル、
手にするなら今のうち、という気持ちもありました。

おもいっきり試し撮りです。被写体も構図もほんと何も考えてません。
高ISO感度を試してます。高感度ノイズリダクション設定は「強」です。
PC上ではリサイズのみ、特にノイズリダクションは行っていませんが、
画像を小さくすると見かけ上ノイズは減ったように見えるんだとかで、撮って出し状態よりもノイジー感は薄まっているかもしれません

↓ISO1600
1600.jpg

↓ISO3200
3200.jpg

↓ISO6400
6400.jpg

↓ISO12800
9280.jpg

主観で申し上げますと、ISO3200までは常用できそうです。
多少絞り込んでも手持ち撮影をしたい、というのが根本的な動機でしたので、
これだけ高感度撮影に対応してくれると助かります。
もちろん、必要なときには低感度、三脚使用で対応するわけですが、
高感度の選択肢が増えたのは大きいですね。

次の記事にも続きます、と思います。
ISO12800。
DSC00022.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/177-2900212e