">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 年末撮り歩き その1「曳舟~押上」
2018/01/02 Tue 22:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
2017大みそか1

2018年最初のシリーズです

新年も頑張って更新してまいります。 例によって山手線東側の風景から始めてまいりましょう(笑 このシリーズは、2017年の大晦日夕方に撮り歩いた時の記録であります。 いくつかの目的地があり、それらを回っていきましたのでこれもシリーズとなります。 ピークは次回かな(笑)あとは年末の買い物とかですので、見せ場は少ないかもしれません。 今回は東武線・曳舟駅からスタート、乗り換え以外の目的でここで降りるのは初めてです。 DSC04085

下町の住宅街

曳舟駅と聞くと、東武線で通勤している方々としては「乗換駅」という印象であるはずです。 上りで言えば押上方面と浅草方面との乗り換え、下りで言えば急行と区間急行との乗り換え、みたいな。 あと、亀戸線もここから出ています。かつては都心ターミナル・両国乗り入れのために賑わったということは以前にも書きました。 そんなわけで、曳舟駅は東京方面に向かった時に「浅草・押上・亀戸のみっつに分岐するターミナル駅」なのであります。 先っちょで三つの脚が開く一脚、を想像してください。そんな感じです(笑 近隣には京成曳舟駅もありまして、実は交通の便がとても良い。 私個人的にも、都内引っ越しの有力候補にしていたのは内緒です。 DSC04087 そんなターミナル駅の曳舟駅ですが、駅の周囲は普通の住宅街です。 しかも下町感たっぷり。 東武浅草~北千住の間と言えば起点浅草やこの曳舟に限らず、京島のある東向島や金八先生で知られる堀切など、情緒たっぷりだったりします。 DSC04089 この界隈と言えば「東京スカイツリー」のお膝元。 ちょっと開けた場所に出ますと、このようにどどん!と目に入ります。 ある種のコンパスのようなもので、これは道に迷わなくていいですね(笑 DSC04091 さて、今回曳舟を歩いている理由。 目的地がございました。「高木神社」であります。 曳舟駅と、隣の押上駅の中間ほどの場所にありまして、 それならば「曳舟駅~高木神社~押上駅」と歩いてみようか、ということになったのでした。 何故高木神社なのか?につきましては次回の記事でガッツリ書かせていただきます(笑 DSC04092 高木神社は住宅地の中にあり、神社自体はそれほど広くはありません。 初めて行く方はちょっと探すかもしれませんね。でも曳舟駅からならばそれほど迷わないと思いますよ。 DSC04094 行った時刻は大晦日の16時台、神社ではお正月の準備にお忙しい様子でした。 DSC04109 高木神社を後にして、住宅街を歩きます。 すると突然にポコッと、このように開けたところに出ます。東武線沿いですね。 DSC04115

今回はこの辺で。

こんな感じで歩いていたのでした。 写真としてみたらちょっと中途半端かもしれません。しかしこれは次回記事への序章なのだ! というわけで次回は高木神社を主題にした記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1769-88da8744