">
FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > スポンサー広告ソニーα > 「クリスマス2017」その15 東京ミッドタウン・前編 奥側:ガーデンとアトリウム
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/12/12 Tue 23:20 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-15

2017年度クリスマスシリーズ、東京ミッドタウン編です

当ブログ恒例の年末特集・クリスマスイルミネーションシリーズ。第15弾です。 今回も引き続き東京ミッドタウン編です。今回まで。 写真を選んでいて「記事みっつぶんあったなあ;」と後悔しつつもバランスを考えて前後編の2本構成となります。 こういう話もブログ作りのあるあるですよね(笑)時々挟み込んでまいります。 DSC03305 12月25日までやってるよ!

東京ミッドタウン・ガーデンのイルミネーション

東京ミッドタウンの高層ビル群を半ば取り囲むように、庭園が広がっています。 『ガーデン』と呼ばれているようですが、そちらにもイルミネーションが施されています。 いや、むしろそちらが主役です。 DSC03299 こちらは複数のポータルサイトで『都内クリスマスイルミネーションの名所』と紹介されたことで、 多くの人が詰めかける有名スポットとなりました。 ピークの時期には通行規制も行われています。 クリスマスデートをお考えの諸兄はご参考に。 DSC03292 歩道橋の上から見下ろしてみます。 街路樹は桜です。4月には満開になり、そこにピンクのイルミネーションが用意されたりします。 その写真はまた4か月後に掲載することにしますね(行くのかよ DSC03300 そのガーデンの奥、広い場所で行われているのが一面青のイルミネーション、音と光が動くアトラクションであります。 年々少しずつ内容が変わっていたように思っていましたが、今年は去年のものと同じかな? DSC03320

アトリウムのクリスマスイベント

ガーデンを離れて、ビルの方に戻ります。 そのまま地下道を歩いて六本木駅から電車に乗って帰るわけですが、 その途中で見かけるクリスマス的なものも撮らせていただきます。 こちらはモエ・エ・シャンドンのブースみたいになってました。バーらしきものもあったようです。 入口のツリーはこれの伏線だったのか! DSC03332 アトリウムでは毎年ワインの試飲販売をやっていて、高い&私はワインを飲まないのでスルーですが興味ある方はどうぞ。 前回の記事でも写真に写っていたクリスマス雑貨屋さんのワゴンです。 赤いエプロンの店員さん萌えでございます DSC03336 そんなこんなでミッドタウンを後にして、日比谷線に乗って帰宅の途についたのでありました。 記事数は2本なれど、写真ネタ的にはそれ以上のボリュームがありますね。さすがの一語に尽きます。 来年も来るぜ六本木! DSC03351

今回はこの辺で。

ところで、例年ですとこの時期には写真のストックが山ほどたまっていて、ブログ掲載が追い付かない状況になっています。 が、今年はスローペースです。ぶっちゃけストックゼロという(笑 でもこれで良いのです。 従来は「今日は六本木の写真をいっぱい撮ったな、さてブログ書くか、あ、でも、先に恵比寿の記事を書かねば」と、 撮影してきたばかりの新鮮な感覚をいったん押し入れに入れて、少し前の(リアルタイム感の薄れた)写真で記事を書く、 という日々になっていたのですが今年は「最新の写真で記事を書く」ということを続けています。 新鮮で良いのですが、取材はギリギリのスケジュールになりますね。 まあ「だから何なんだよ」という話なのですが、ブログ作りの裏話的にご覧いただければうれしく思います。 次回は別のネタになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03341
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1750-e8fd9a00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。