">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「金沢旅行2017」その1 はじまりは東京駅
金沢旅行2017-01

2017年秋の金沢旅行、序章です

先週末、台風の接近と衆議院選の最中、旅行に行ってまいりました。 行先は金沢です。私としては初の金沢行き。内心楽しみにしておりました。 あいにくの天候だった、そのあたりはこの先の記事の写真で伝わることと思います。 それを差し引いても、私は充分楽しませていただきました。 その記録をこの先何回構成になるか分かりませんが、掲載していこうと思っています。

出発から全部書く

私の、てゆうか当ブログのスタンスで「記事にすると決めたら、その旅行の最初から最後まで書く」というものがあります。 さすがに自宅のドアを開けたところから、というわけにもいきませんが(ネタになるならそれもアリでしょうが)、 可能な限り「よーいスタート」の場所に近いところから始めたい、という思いは強いですね。 最近ですと函館旅行を上野駅から書き始めたのもそうですし。 「金沢旅行」だからといって、金沢から書き始めるのはもったいないだろ、というわけです(笑 そんなわけで今回の出発地は東京駅です。 自宅から電車一本で駆け付け、ここから旅が始まるのだ! P1070352 とまあ、上の写真は在来線の東京駅ホーム。 今回の主役は新幹線であります。 新幹線への乗り換え改札は後付けが重なりちょっといびつな構造になっていることもあり、 東京駅という日本一の新幹線ターミナルのくせにちょっぴり利用しづらいという、まあこれは機会を見て別の記事にまとめます。 ここ一か所なんだもんなあ。人が集まって大変なのよ P1070355

JR東日本系新幹線ホーム

東京駅の新幹線ホームはつごう5面10線、14番線~23番線となっています。 そのうち東海系(東海道)新幹線が6番線ぶん、東日本系が4番線ぶんを占めています。 東日本系は東北・秋田・山形・上越・北陸と分岐していきますからいめーじとしてはもっと割り当てられてもいいようなものですが、 東京駅のホーム変遷を見ている限り、 あと、東海道新幹線の圧倒的な利用者数に対してはやはり『4:6』が妥当なのかもしれません。 とは言えもちろん東日本系の新幹線が閑古鳥というわけではなく、混雑しておりました。 P1070366 発車時刻までしばしの余裕がありましたので、ホームを撮り歩きます。 こちらは同じホームから発車していた東北新幹線E5系。 今夏に私が北海道に向けて乗り込んだのと同じ車両であります。 P1070360 私が乗る予定の北陸新幹線E7系が入線してきました。私は初めて乗ることになります。 E5に比べてちょっとずんぐりむっくりかな?と思っていましたが実際はなかなかどうして、スマートです。 列車は「かがやき」だそうです。速達型のいわゆる「のぞみ」タイプですね。 東京を出たら金沢までの停車駅は「大宮」「長野」「富山」だけなんですってさ。 P1070362 鉄道オタクには常識レベルの話だそうですが私たちのような一般人には意外に知られていない事実、 「東海道新幹線と東北・上越新幹線は線路でつながっていない」 知識としては知っていましたし、東海道新幹線のどん詰まりも見たことがありましたが、 東北・上越新幹線側の行き止まりは見たことがありませんでした。 こうやって見てみるとドライですね。お互いに東京駅で線路をぶった切ってる。どんだけ仲悪いのよ(笑 P1070364

今回はこの辺で

今回のシリーズ全編を通じて、雨に降られてしまいました。まあ台風が接近していたのですからしゃーない。 写真にもそれがあらわれています。 こまめにレンズの水滴をぬぐって撮っていたつもりでしたが雨粒がのっかっている写真もあります。 キリが無いですのでそこは修正しません。それはそれで「ああ、雨だったのね」と見てください。 きれいに手を入れた写真「だけ」が思い出を作る資格を持つわけではない。 この金沢旅行シリーズは全部で10回程度を予定しています。 目玉はいくつかありますが、当ブログの読者様に対しては「オール『マイクロフォーサーズ』使用」というのが訴求ポイントでしょうか。 その点につきましては次回、ちょっと言及してみようと思っています。 次回も金沢旅行編となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1716-7cb5f0db