">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「函館旅行2017」その7 福島県富岡駅散策 前編
2017/08/11 Fri 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

函館旅行2日目、福島県双葉郡富岡町に寄り道

東日本大震災の津波に流され、再建中の常磐線富岡駅 2017年夏の函館旅行シリーズ、第7回です。 水戸編は終了し、前回から福島編に突入しています。 水戸~日立~いわき…と列車で通り過ぎて、上野から常磐線電車を乗り継いでたどり着ける最北端・竜田駅にたどり着きました。 この先どうなっているのか?半ば好奇心半分で選んだルートだったのですが、 その「自分が持つ好奇心」に対して私はこの先、ちょっぴり嫌悪感を持ったりします。 ともあれ書き進めてみましょう。

常磐線代行バス

福島県双葉郡楢葉町・竜田駅。 上でも触れましたが2017年8月現在、上野から常磐線を「列車を乗り継いで」到達することのできる最北端の駅であります。 ここから北、常磐線は海沿いを走り相馬~岩沼に至り、列車は仙台まで乗り入れます。本来は。 現在はこの竜田駅から北は鉄道が通じておらず、その区間を鉄道に代行するバスが運行されています。 理由はご存知の通り、東日本大震災であります。 以下、本シリーズではこのバスを「常磐線代行バス」と呼ぶことにします。 代行バス 常磐線代行バスは、豪華な大型観光バスでした。 バスの運行会社はJR東日本そのものではなく「浜通り交通」という会社のものでした。 バスの前面に「竜田駅←→富岡駅御一行様」とありました。 JRの自社バスではなく、地元企業に委託しているのですね。 実際の運用にもベターな選択なんでしょうけれども、JR東日本の被災地への気使いのようなものを感じました。 DSC01289 バス乗車の際には原則的に「切符」が必要です。 実際には現金投入でも何とかなるみたいですが、私はこのルートを選択する際に「事前に切符の購入が必要」と認識したので、 水戸駅の窓口であらかじめ、切符を購入しておきました。 こちらがそうです。これをバスの乗務員さんに見せて、乗り込みます。 DSC01256 このバスの乗客は、私を含めて全部でふたり。 竜田駅で降りた多数の乗客は、このバスが目当てなのではなかったようです。 私は電車であろうがバスであろうが、常磐線で北を目指します。 DSC01292

福島県双葉郡富岡町

竜田駅から常磐線代行バスに揺られて約20分、隣駅・富岡駅に到着しました。 私が乗車したバスは、ここで終点です。 ここまでの記事で察した方もおられるかもしれません、私は富岡駅に8時50分に着きました。 次のバスが10時25分に来る、その1時間半程度の間に富岡町を観光しよう、ぐらいの軽い気持ちでこの旅程を作ったのです。 ただ、駅前で降ろされたのですが文字通り「何もありません」。 JR東日本の復旧工事がひたすら進められている様子だけが、よく見通せました。 DSC01300 この記事を書いているのは2017年の8月、東日本大震災から6年半が経過しています。 双葉郡富岡町のうち富岡駅近辺を含むエリアは2017年になって避難指示区域指定(避難勧告、罰則なし)を解除されます。 このあたりに人が本格的に出入りできるようになったのは最近だ、ということです。 Googleストリートビューの画像です。震災後の撮影ですね。 駅舎は津波に流され、かろうじて残された設備も骨組みが露出しているような大損害です。 駅前は更地になり、そこに家やアパートが建ち始めています。 根こそぎ流された…のではなく、ダメージを受けて居住できなくなった建物を撤去して、更地同然にしたようです。 DSC01295 富岡駅前「富岡ホテル」建設風景です。 何もない駅前に、真っ先に「ホテル」を建てる意義とは? …と考えましたが、やはり復興はこれから、ということなのでしょうね。 観光客相手のホテルではない。建設関係の方々のためのホテルなのだろうな、と思いました。 それぐらい、ここには一般人がいません。全員復興のためのスタッフ、というイメージです。 そんなところでただ一人、観光をしている私とは。 ちょっぴり申し訳ない気持ちにもなりました。 DSC01352

復興の槌音

広角で風景を押さえてみます。 どちらを向いてもクレーン、クレーンです。 建設が確実に行われている、というイメージを強く感じる一方で、 土地のスカスカ具合を見ますに「復興」はまだこれからなのか?と感じました。 もっとも、小高い位置の土地に被害は少ないようでしたし、内陸部は昔ながらの家々が立っています。 これは海沿いに限った風景なのだ、とも思うのですが、それでも「復興」について思いを馳せてしまいました。 DSC01298 再建中の富岡駅を、遠めに眺めてみます。駅の手前側はずっと空き地が広がっています。 Googleストリートビューを見る限り、かつては市街地になっていて、家や商店が並んでいました。 それが津波などで流された、もしくは住めなくなり、一切合切取り払ってこれから再建、という様子です。 DSC01301 私は詳しくないので勝手に想像して書きますが、 JRも含めて、本格的に復興作業を始めたのは震災直後ではなく、ここ数年なのではないか。 だとしたら、ここに人が戻ってきて「街」として生き始めるにはこの先さらに何年かはかかるのではないか。 復興とは道のりの遠いものなのだな。 テレビやネットを通じてではなく、現地に立つことであらためてそれを感じることができました。

今回はこの辺で。

今回の行程です。 代行バスが走った道はこのGoogleマップとは異なります。 どうも貼り付ける際に上手くいかなくて、結局Google推奨のルートをトレースしてしまっています。 まあ、概ねこれで合っていますからいいですかね。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) 富岡駅周辺は、私には考えさせられることが多い場所です。 次回も福島編。その風景を掲載してまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1686-b1c17594