">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「函館旅行2017」その5 水戸駅南口散策・初日終了
2017/08/09 Wed 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

函館への道中、水戸で1泊目

水戸駅南口・ホテルテラスザガーデン水戸 2017年夏の函館旅行シリーズ、第5回です。 着々と函館に向かって進んでいます。 嘘です。進んでませんね。 この日はこれ以上先へ進まず、水戸で一泊目となりました。 結局水戸から出ていません。 でもいいんです、これは函館旅行です。 水戸だけど函館旅行!だよ!

水戸駅南口再・再開発

水戸駅南口は、私が記憶する限りでは20年ぐらい前、90年代後半から徐々に始まったような印象です。 記憶違いだったら申し訳ないですが、水戸駅からまっすぐ南へ50号線に至る道ができ、 その周辺に諸々の施設が建った、そんな経緯ではなかっただろうかと。 駅舎も豪勢に、駅ビル「エクセルみなみ」は2011年に開業だそうです。 水戸駅、でかっ DSC01212 その「エクセルみなみ」のメインテナントのひとつが、最近ネットで知られるようになった「ビックカメラ水戸店」であります。 「ニンテンドースイッチ」というゲーム機を抽選販売する際に、当たりくじを応募者に配らなかった「疑惑」のエピソード、 ここから得られる教訓はふたつ。 「インチキするならバレないようにやれ」 と、 「店の名前に土地の名前をつけて悪さをするとその土地のイメージが下がるから、足を引っ張るな」 であります。 DSC01215

一泊目の宿は「ホテルテラスザガーデン水戸」

今宵の宿は、水戸駅南口ペデストリアン直結のホテル「ホテルテラスザガーデン水戸」です。 ネットで空き状況を検索し、上位に表示された中で駅に最も近く、且つ空きがあり、 さらに「早朝チェックアウト限定格安プラン」が用意されていた、それがこの宿を選んだ決め手でした。 文字通り「駅前」です。 DSC01211 フロントでチェックインをしている時に、ふと目に留まりました。 カウンターの脇でおみやげが売られています。ガルパンですよ。 ガルパンことアニメーション「ガールズアンドパンツァー」の聖地、ご当地は隣町の大洗だったと思いますが、 水戸も一緒に今なお盛り上がっているのですね。大したものです。 ところでこのパッケージから察するに、このお菓子はたぶん包装紙があんこうチーム分、5パターンあるな!? DSC01218 部屋に入ります。ツインでした。ゆったり出来てラッキー。 ビジネスホテルですから内装はシンプルですが清潔感があり過不足ありません。 大浴場併設(ツインルーム二つ分ぐらいの広さかな?私には充分でした)ということもあり、 宿代以上のものを過ごさせていただきました。 DSC01222

ちょっとは『夜撮り』を

チェックインして一息ついた後、晩御飯を求めて再び駅前へ。 散策ふたたび、であります。 DSC01232 広い道路が縦横に交差している、整然とした印象です。 北口の猥雑としたイメージとはある意味対照的とも言えます。 DSC01236 水戸駅南口~偕楽園に広がる観光地が「千波湖」です。この写真の向こうの方にあります。 私は湖畔を散策しようと出かけたのですが断念。 水戸駅からは意外に歩きます。タクシーが無難かなあ。 春先は桜並木で観光客が押し寄せるそうです。 DSC01240 そんなこんなでホテルに戻り、まったり過ごしつつ早めの就寝となりました。 そうそう、結局この日の晩ご飯は「すき家の牛丼」でした(笑 もう少し地元カラーの強い食事をしたいところですね。せっかくの『函館旅行』ですから! この日はおかずも充実、幕末の群像に思いを馳せながら水戸の夜は更けてゆくのでありました。 明日は5時起床、早いそう。 DSC01242

今回はこの辺で。

今回の行程です。まさしく水戸駅南口をちょっぴり歩いただけという。 明日はガッツリ北上するぞ!乞うご期待。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) 次回は水戸を後にして、北へ向かいます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1684-88d0a42c