">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7SII」その16 浅草スナップ 中編
2017/06/09 Fri 22:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

α7SIIで浅草を歩いた時の記事です

前々回の記事に続く内容となります。 α7SIIを持って浅草を撮り歩いた、その時の写真を掲載してまいります。 今回は国際通りから入りドン・キホーテ前からスタートして、六区をぶらぶら歩いた後に浅草寺に入っていきました。 要するにいつもと同じです(笑 当ブログの浅草寺ネタはそこそこ数があると思うんですけど、雷門方面の記事が意外に少ない。なぜか。 いつも北側から進入していくからであります。 んでもって、浅草寺を撮り歩きます。 こちらは本道です。 微妙に傾いてますね。相変わらず水平をとるのが下手くそな私です。 DSC00890

いつもと同じルートですね、六区から浅草寺

浅草公園六区からあれこれ歩いて浅草寺の中心エリアに入る。 かつては(現在も?)ここらへん一帯は全部浅草寺の敷地だったわけですが今はその感覚は薄いですね。 そんなこと言ってたら上野公園は全部寛永寺だし、芝公園は全部増上寺です。言い始めるとキリがない(笑 と、つらつら考えながら歩いておりましたが、ふと気づいたら五重塔の修繕がいつの間にやら終わっていたようで、 すっきりきれいな風景を見ることができました。 スカイツリーとあわせてダブルタワーだぜ! DSC00885 五重塔でもう一枚。 上の方にお月様が見えていますが、焦点距離的にも露出的にも、私がこの場でできることはここまでです。 使用したレンズは28-70mmというズームレンズ。 お月様はフルサイズで撮った時に「換算焦点距離の1/100」mm、ぐらいの大きさで撮像素子に写ります。 大きく撮ろうと思ったら300mmぐらいは必要でしょうから、 五重塔のふもとからお月様を大きく撮ろうと思ったら、これはもう「合成」しかない。 スーパームーンの時期には、やたら大きなお月様と風景との印象的な邂逅が見られますが、 よく見ていますと中には「合成」した写真もあります。フォトショップで開いて、トーンカーブをいろいろいじってみるといいですよ。 合成で作った画像ならばスーパームーンなど関係なしに好き放題に「作れる」わけですから、 以前から申し上げております通り、私個人的にはそれを「写真」とは認めません、CGや。 他人の解釈は知らんよ、勝手にしなされ。 DSC00886 私が行ったのは19時台、日はまだ微妙に残っている感じですが浅草寺や周囲のお店の多くは閉まっています。 ここに写っている方々は概ね「浅草寺の夜景」を見に来た観光客、ということになります。 しっかし、日本語がまったく聞こえてこないのです。 これを国際化の現れと喜ぶべきなのか、日本人よもっと浅草にも来い、と嘆くべきなのか(笑 DSC00895 なんとなく空のグラデーションがきれいだなと思って、それを主体にして撮りました。 が、こういうのを素人のダメ写真と言うのです。主役がはっきりしない、ただの環境写真。 これだったら日の丸構図でドーン!と撮った写真の方が余程マシと言うものです。 DSC00892 この写真の方がよほど見る者を引き付ける、はずです。たぶん。 それにしても私はどれだけ「みくじ」が好きなんだろうかと(笑 DSC00893

今回はこの辺で

何だか似たような写真ばかりになってしまいましたね。 構成を考えながら撮り歩いていたつもりでしたが、ちょっと視点が甘かったようです。すみません。 同じく浅草寺境内を撮り歩くにしても、もっと目配りできるはずだ! …と信じて、次回も浅草編となるのでありました。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00887
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1673-a05602ad