">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7SII」その13 みなとみらいスナップ 前編
2017/06/04 Sun 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

α7SIIと、キットズームと、横浜。

DSC00813

「RAW現像」ではございません

今回の写真は、すべて撮影後に自宅で加工を施しています。 初心者ファーストの私としては「カメラの設定で頑張る」という同じ土俵で戦うことを旨としていましたが、 今回はサボりました。 アドビシステムズという会社の「フォトショップ」というソフトを使用して、画像ファイルを多少いじりました。 とは言いますものの、俗に言う「ロー現像」ではございません。 閲覧向けに一般的なファイル形式「ジェイペグ」形式のファイルをいじりました。 例えば上の日本丸の写真ですが、日本丸の船体あたりは影になっていて青暗くなっていました。 それを「Camera Raw」という機能(RAW現像でなくても使用できます)でいじり、 他の部分と明るさを同じぐらいにしたのです。 ちなみにこちらが元画像、いわゆる「撮って出し」と呼ばれるものです。 DSC00813 ↑この写真がダメなのか?と問われれば「いえ別に問題ないと思ってますよ」ぐらいなのが私の感想です。 私が撮ったのと同じ場所から、同じ時間帯に普通にスナップしたらこういう影ができます。それがこの場所の真実です。 カメラの標準的な設定は、その場所の真実を、そのメーカーが考えるところの「見た通りに写す基準」に合わせて画像に仕上げます。 一部のハイアマチュアの中にはそれを「カメラに撮らされてる」と嗤う傾向があるようですが、私はそんなの知ったこっちゃない。 勝手にせい、私は好きにやりますよ。余計なお世話だっつーの、お互い好きにやりましょうや。 じゃあ何故加工したのか、って?そりゃもちろん、こうやってブログのネタにするためですよ(笑 まあ「RAW現像してないものは写真作品ではない」というような風潮がこの先さらに大きくなるとしたら、 私は抵抗勢力でありたいと思っています。 その上で初心者諸兄が「RAW現像に興味を持って取り組む」とするならば、それはたいへん結構なことだと思います。 画像処理の真髄に触れて体験していただきたい!

ランドマークタワー近辺

さて、話が重苦しくなりました。すみません(笑 話を戻してランドマークタワー近辺のスナップです。 ここらへんは再開発事業が持ち上がる以前はふ頭や貨物駅があった場所でありました。 バブル崩壊後しばらく空き地ばかりでしたがこの5年ほどで大型プロジェクトが動いているようです。 京急本社もこちらに移転してくるそうですね。知らんかった。この話には今後別のトピックで触れることになるかもしれませんが。 とにかくビジネスタウン(ですよね?オフィスビルや展示場が主体で建設が進んでいますので)として再生している、 その象徴というか文字通りのランドマーク。 日本ではあべのハルカスに次いで二番目、関東では2017年6月現在最も高い「高層ビル」として君臨しております。 DSC00817 その展望フロア入口近辺です。桜木町駅から進んできたら、ここにたどり着きます。 モノクロにしたのは今回の趣旨「撮って出し画像をフォトショップで加工」という手法によるものです。 私のスタンス(モノクロで撮る、と決めたら、その日はモノクロでしか撮らない)からしたら邪道ということになりますが、 まあ今回はオール邪道ともいえますのでいいですよね(笑 DSC00820 邪道ついでにこちらもモノクロ、人の往来を主題にしてみました。 DSC00821 もう一枚モノクロ。 もともとカラーで撮ったJPEG画像を、モノクロ化した上で明瞭度という要素をいじりました。 DSC00822

今回はこの辺で

みなとみらい編は次回に続きます。が、画像加工云々をネタにするのは今回だけです。 次回は当ブログのデフォルト、オール撮って出しでまいります。 今回言いたかったことは初心者の方々に対して、もしハイアマチュアの方々から 「写真はRAWで撮ってナンボだよチミィ」とか「カメラはフルサイズだよチミィ」などと言われたり、 ネットでそのような言説を見たとしてもそれに対して 「そうなのか、撮って出しの私はダメなのか(´・ω・`)」などと惑わされることはないですよ、 「上から講釈を垂れる人間は、突き詰めれば貴方の人生に何ももたらしてくれませんよ」 ということです。 もちろん私も含めてですよ。所詮は上から物を言いたいだけなんです(笑 ですから、 そんな物言いとは聞き流しながら丁重に距離を置き、 貴方がご自身の手が届く範囲で着実にモノにしていき、 貴方の興味に従ってその範囲を広げていく それが良いのではないかと考えます。 要するにすべては貴方自身の問題!なのです! すべてを疑え! 何の話だ(笑 次回はこの続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1670-3a1f2f13