">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第19回国際バラとガーデニングショウ」その4 会場で印象的だったもの
2017/05/18 Thu 21:00 花・植物 | 写真 | ソニーα

2017年「第19回国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました

この記事を掲載したのは2017年5月18日の木曜日です。 昨日で閉幕した「第19回国際バラとガーデニングショウ」を引き続き採り上げてまいります。 会場はメットライフドーム(西武所沢球場)のグラウンド部分ほぼ全部。 その広大なスペースをまったり撮り歩いておりました。 フラワー・ガーデニングのド素人である私ではありますがそんな中で目がとまったものを今回は掲載してみます。 DSC00709

有名人やら、有名メーカーやら

こちらは志穂美悦子氏による作品です。同姓同名の別人ではございません。「あの」志穂美悦子女史であります。 志穂美悦子と言えば千葉真一の弟子にして日本唯一のアクション女優、私などにはビジンダーの印象が深く、 また、ご主人からのDVを空手で返り討ちにしたという伝説もある女傑ですが、 実は近年、フラワーデザイナーとして台頭著しいのだそうです。 私はそのことを昨年まで知りませんでした。 実は国バラにも「フラワーアレンジメントのトークセッション」で連年ゲスト出演しているのです。 DSC00706 こちらはホンダブースです。毎年ドデカイブースを設営し、特別仕様の自動車を展示しています。 ホンダと花?何の関係があるの?と私などは思ったんですけど。耕運機などを作っていることからのご縁のようです。 DSC00711 こちらは国バラ仕様のカブであります。 余談ですが、展示は1台でした(笑 DSC00710

花の展示にも目を向けてみます

本道である「バラとガーデニング」に戻ります。 特定のバラにピントを合わせて、前後を大きくぼかすことによって被写体を浮き出させる、 という定番の表現も、もちろん取り入れています。 使用したレンズは「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」、我が家のAマウントレンズ最終兵器であります。 こういう撮り方をするために持ち出したのだ(笑 DSC00702 前ボケも取り入れてみます。 写りもさることながら、この花の色が素晴らしい。これ、私が作った色ではありませんよ。実際にこんな感じの色でした。 まあカメラが作った色なんですけどね(大笑) DSC00694 これはFE28-70mm F3.5-5.6だったと思います。結構ぼけてますね。馬鹿にできんものだ(笑 バラは花束がよく似合う!?私は撮っていて、こういう写真が好きなのです。 DSC00682

今回はこの辺で

ネタは続くよどこまでも。フォトジェニックな風景が次から次へとあらわれる会場はまさしく魅惑の存在であります。 来年も行くぜ! っと、ブログではもう少し続きます、ご容赦ください(笑 次回も国バラ2017関連エントリとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1667-ee268fac