">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第19回国際バラとガーデニングショウ」その3 ガーデニングを撮る&今回の持参機材
2017/05/16 Tue 21:00 花・植物 | 写真 | ソニーα

2017年「第19回国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました

国内随一のバラの祭典「国際バラとガーデニングショウ」関連エントリです。 ただし今回はもう一つの主役「ガーデニング」の写真を載せてまいります。 私自身はマンションの借家住まいですので自家製ガーデニングなど夢のまた夢でありますが、 それ故にこういうイベントで撮らせていただこう、という意識が働くのかもしれません。 DSC00751 5月17日(水)までメットライフドーム(西武所沢球場)にて絶賛開催中です。 行くなら今のうち!明日まで! 上の写真と同じところを、角度を変えて撮ってみたり。 Photoshopで色をコテコテにしてみました(笑 DSC00745

機材の話もしますよ

さて、うちはもともと花・ガーデニングを扱うサイトではありません。 写真・カメラを扱うブログでございます。 ですので、ちょっぴりだけ機材の話もしておかなくてはなりません。 で。 今回持参しましたのは、以下の通りです。 ボディ:ソニー「α7SII」 レンズ:ソニー「FE 28-70mm F3.5-5.6」      ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」      ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」      ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm Ff1.8ZA」(マウントアダプタ「LA-EA4」を使用) 私は「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」のユーザーでありますが、 国際バラとガーデニングショウには、基本的にソニーαを持ち出します。 マイクロフォーサーズを持って行ったこともありますが、レギュラーという意識はない。 これは以前から書いてきたことですので、今更ですね。 上記の機材を持ち出そうと思った私なりの考え方を書きます。 ボディ「α7SII」は、気分です(笑 元々Aマウントのフルサイズ一眼レフ機「α900」を持ち出すつもりで前日のうちに準備していましたが、 当日カメラバッグを持ってみたら、これが重たい(笑 だめだ、Eマウントで行こう…と心変わりしたという。 ガチ勢からしたら噴飯ものなのでしょうが、これが私の実情です。 キットレンズFE28-70は、汎用便利レンズとして持ち出しました。 私はガーデニングに限らず普段の街スナップも含めて、 「まず広角で全景を押さえる→標準から厨房円で印象的な部分を押さえる」 という流れで撮らせていただいています。 広角で全景を押さえる場合、ボケ描写は度外視ですので別に単焦点を使う事にこだわらない。 また、会場は混雑しており、ポジション決めをする余裕は少ない。特に前後に動くという単焦点ならではの立ち回りが使えない。 ならばこの際ズームでも良かろう、という判断です。 実際、今年はこのレンズが主役になりました。前回の記事の写真もすべてこのFE28-70で撮ったものです。 ゾナー24mm(APS-C用なので、実際には換算36mm相当)は、今回出番がありませんでした。 動画を撮る時に使おう!と思ったんですけど、その機会がありませんでした(笑 ゾナー55mmも、今回出番がありませんでした。 FE28-70が思いのほか優秀なもので、レンズ交換する機会を失ったのです。 ボケを意識した写真を撮る時には出番があったのかもしれませんが、その機会はすべて「別のレンズ」が持っていきました。 その「別のレンズ」ことゾナー135mm。比較的出番が多かったです。てかそのために持って行った。 ガーデニングのブースを撮る時は、当然ながら展示部分に足を踏み入れることは出来ません。 ですので「あ、あそこに飾られているワインボトルを撮りたい」などと思っても、近寄ることができないわけです。 印象を良くするために(笑)ボケ描写を取り入れたい、しかしそういう事情で「55mm」を使えるほどには近寄れない。 そこで!と言うかゾナー135mmの出番です。 こう書くと距離感ばかりに気が取られていたように読めますが、そんなことないですよ。 圧倒的な写りの良さが写真で伝わるといいなあ。 DSC00722

ガーデニング撮り歩き

とまあ。 上の写真はこの風景の一部分を切り取ったものです。 「どこを切り取るか」は撮り手ひとりひとりの感覚でしょうし、私の切り取り方が絶対美だと申し上げるつもりも毛頭ありません。 ここで言いたいことはひとつ。 「いろいろやってみろ」 これに尽きます。 DSC00721 このような展示もありました。 ガーデニングと言うか「見せるためのディスプレイ」ですよね。これはこれで楽しい。 これは高校生によるものだそうで、 見て歩いていたおばちゃんが「かわいいわねえ、若いわねえ」と上から目線(笑)まあ、あるあるですよね。 DSC00740 飾るものが花・草木といったものですから、広く押さえると写真はどうしてもゴチャゴチャしてきます。 そんな中、こういう展示は目を惹きますね。 シンプルに、モダンに。良いなあと思います。 え?ラブホみたい、だって?そんなはずは! DSC00786

今回はこの辺で

ちょっと写真が不足気味ですね。すみません。 でもまだまだ続くのですよ! 肝心の国際バラとガーデニングショウは明日までです。平日ではありますがご都合が合う方はぜひ! 次回も国バラ2017関連エントリとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00769
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1666-6b1a9d2f