">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第19回国際バラとガーデニングショウ」その2 ひたすらバラを撮る
2017/05/15 Mon 08:00 花・植物 | 写真 | ソニーα

2017年「第19回国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました

前回に続き「第19回」国際バラとガーデニングショウ」関連エントリとなります。 見どころが多い!ですので撮れ高も多めでありますのでこの後数回は連載記事になるかと思いますが、 よろしくお付き合いください(笑 DSC00688 5月17日(水)までメットライフドーム(西武所沢球場)にて絶賛開催中です。 行くなら今のうち!ぜひね! 前回の記事も、よろしければご参照ください。

ひたすらバラの写真です

今回は、ずっとバラの写真を掲載します。 このイベントのある意味持ち味と言いますか、こういう写真を撮れる機会ってとても少ないと思うのです。知らんけど。 また、今回に関しましては、待ち受け画面への使用を想定して、同じバラを縦位置で撮ったものも掲載します。 もし万が一気に入ってくださる方がいらっしゃいましたら、上手いことトリミングして使ってくれい。 DSC00687 例えば「バラ園」というのが各地にありますよね。バラ撮影の定番です。 その多くは「屋外にバラを植えて、それが開花したものを見に行く」という状態であるはずです。 私もモチロンバラ園に行ったことはありますが、それらの場所と「国バラ」が「撮影」という目的に関して大きく異なるのは2点。 ひとつは「ドーム球場での開催」であること。これによって日光の直射を避けることができる=露出・色を適切に出せる もうひとつは「期間限定故にバラのメンテナンスが行き届いている」こと。花びらが腐りかけたような花は、まず目にしません。 バラ園って大いにテンションが上がる施設ですよね。「国バラ」は短期イベントゆえにそれより低く見られがちらしいんですが、 決して悪くないよ、むしろ写真を撮るならこちらの方が適しているのではないかと(両方撮り比べた上で)思うのです。 DSC00673 この写真は上のバラを縦位置で撮ったものです。 もし万が一、気に入ってくださる方がいらっしゃらないとは思いますがもし想定外いらっしゃることがあるとしますならば、 上手いことトリミングして使ってくれい。 DSC00674 私のようなバラ素人としては、やっぱりこの色のバラが「良いなあ」と感じるのであります。 ちょっと深めのピンクが混じった赤、これですよこれ。 この先の記事でガーデニングを撮らせていただいた写真を掲載することになると思いますが、 そちらでこの色のバラをガッツリ使用したものは少数派だったのではないかなあ。 そう考えますと、この写真を撮っている時が私の今年の国バラ体験のクライマックスだったのかもしれません。 何枚も撮ったし(笑 DSC00672 こちらも縦位置で押さえています。 いるかは分かりませんが、もしスマホ等で待ち受けに使用するという方がいらっしゃいましたら、 上手いことトリミングして使ってくれい。 DSC00676

今回はこの辺で

バラを画面全体に収める、という撮り方は、国バラでは毎年私は行っているのですが、 今年はいろんな意味でバランスが取れてたなあ、と思います。 これを書き出すと記事いっこ費やす上にノウハウですので控えますが(笑 世間の評価はともかく、私は満足しています。 私は普段、花と縁がない生活をしていますから、こういう写真を撮る機会は極めて貴重なのです。 次回も国バラ2017関連エントリとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00670
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1665-c22e84a6