">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7SII」その10 キットズームで一本勝負 中編「大手町」
2017/05/05 Fri 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く・続編です

前回に続き「α7SIIにFE28-70mm F3.5-5.6」をつけて撮り歩きました、というシリーズとなります。 私は基本的に単焦点を使うことの方が多いです。 夜撮り故の明るさ優先、ボケたくさん欲しいという嗜好、 そして何よりポジションを自分で決めることが写真の出来を直接左右するという楽しさ。 そういった諸々の私の嗜好にはやっぱり単焦点だね!みたいな思いがあるわけですが、 じゃあズームは要らん子なのか?と問われますとさにあらず。 単焦点の出撃頻度には及びませんが、使ってます。 例えばマイクロフォーサーズであれば、 パナソニックの「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」という換算24-70mm/F2.8というレンズがあり、 それが私の人生で最も多用したズームレンズ、なんですけれども、 今回取り上げます「FE28-70 F3.5-5.6」は、今やそれに次ぐ使用頻度になるんじゃないかなあ。 仕事では大三元だろ?というわけでもないですね、私の場合。仕事こそ単焦点の独壇場です。まあそれは置いといて。 F値が変動するズームって使いづらいよね!という意見があり私も同意見ですが、 そのネガティブファクターを、α7SIIの高感度耐性はひっくり返したのではないか、という気もいたします。 F5.6通しと思えば、ねえ(笑 DSC00539 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

大手町を歩く

さて、そんなレンズを使って撮り歩くシリーズ、今回は谷中銀座の先にある大手町であります。 ん?関連性が無いよな?とお思いのあなた、実はそうでもないんですよ。 谷中銀座を撮り歩いたあと、日暮里駅に戻らずそのまま不忍通りに出て、千駄木駅から千代田線に乗るのです。 そしたら大手町駅まで4駅。10分もかかりません。 谷根千から大手町方面というのはルートに組み込んでもいいんじゃないでしょうかね。知らんけど DSC00534 さっきまで下町谷中を歩いていたのに、10分もしたらこのような別世界が広がっている。 それに何らかの心が動くこともあるかもしれず、写真散歩にも何か影響があるのかもしれません。人それぞれですがね。 DSC00533 当ブログにはこの大手町をはじめ、東京駅近辺の写真を掲載した記事が多数ありますが、 もちろん私はそんなところに勤められるような上級ビジネスマンではありません。 好きで撮り歩いているだけです。 DSC00532 カメラの話も少ししておかねば(笑 この写真はISO25600、もちろん撮って出しです。カメラの設定で暗部を落としています。 私の目には少々ノイズが目立ちます。 この写真を自宅で見返して「今後はISO12800を上限にしようかな…」と思い、現在もそうしています。 どうもα7SIIは写真よりも動画の方が得意なのではないか。そんな気すらしてきます(笑 DSC00537 まあでも、そんなの使い方ひとつですよね。 同じくISO25600ですが、上の写真ほど粗が目立たないですね。 私は色やコントラストの設定をしただけで、あとはカメラの力です(キリッ DSC00544 そんな感じで歩き、最後は東京駅から電車で帰りました。 結局ここの写真かよ(笑)都道404号皇居前東京停車場線、通称行幸通りです。 この道の正面、柵は取り外して馬車を通すことが可能というインペリアル仕様であります。 DSC00547

今回はこの辺で

日暮里を出て谷中を通り、いつの間にやら大手町。 そんなお散歩をしましたよ、という記事でございました。 皆様もそれぞれ「心の定番ルート」のようなものがあるのではないかと推察いたします。 勝手知ったる道、自分にとっては飽きてもいるような風景でも、それを写真に残すことから生まれるコミュニケーションもある。 …そんな高い志など微塵も持ってはおりませんが、お互い楽しく撮り歩ければ良いですね。 と、これで終わりではないのだ! 次回まではこの流れでいきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1661-5e703686