">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7SII」その3 続・購入直後に神楽坂で夜撮り

ソニー「α7SII」初撮りに出撃しました、後編です

購入4日目にして我が家のエースの座をゲット、α7SII関連エントリです。 この先の記事で触れようと思っておりますが、このカメラは今の私が本当に欲しているものをすべて備えていた。 え?「たったの1200万画素」だって?私は普段そこまで使わない。 え?「チンタラしたコントラストAF」だって?私にはこれで充分だ。 従来からα7S系に満足している方々と同じく、私もそういった部分以外のところに価値を見出した。 そういったことは後日書きます(笑)今回は写真の実写編です。 DSC07723

神楽坂を撮り歩き

そんなわけで、前回に続き神楽坂編です。 正直年に1回も行かないこのスポットで私ごときが何を撮れるかというと正直何も撮れません。 街の雰囲気を写しました!と、言い訳がましくカメラを使って、帰ってくるだけです(笑 私にはその自覚がある。街スナップを作品と呼べるまでに昇華できるのはいつの日だろうか。 こんな「ただ雰囲気だけが欲しくて」撮ったようなモノクロではなくてね。 DSC00020 基礎なくして作品性を語るな。 それに関連してご紹介。 私も「能書き先行」の基礎が備わっていない側の人間ですので、ここは謙虚に学ばねばなりません。
フォトラリズム - Photoralism - - 写真を愛するすべての人に贈るカオストーク番組
今回はアート論ではなかった。α7SIIの話です。 α7SIIでの写真撮影について思ったのは、 従来「絞り開放」でしか撮らなかった夜スナップについて、「絞る」という選択肢を得たなあ、という感覚です。 これは大きいですよ。 私は街の夜撮りを主な戦場としていますが、時として「え?ここで撮るの?」というほどに暗い場所で撮影することもしばしばあります。 そんな時にはより明るくするために当然に「絞り開放」で撮るしかないわけですが、 この神楽坂のような「普通の夜の街」であれば、α7SIIをもってすれば絞り込むことができます。 私にとっては表現の幅を得たことになりますので、単純にメリットですね。 モノクロであることに意味はございません(笑 DSC00010 この日はいくつか動画も回しました。 編集してアップ、というところまで突き詰めていませんのでショットを撮って出しですけれども、 ネタを盛るために掲載いたします(笑 購入30分後という段階でしたので、運用が手探りなのは勘弁してくれい。 確かに、ネオンとか提灯とか蛍光灯とかで、印象よりは明るい場所です。 しかしこれでISO10000、ノイズについてはほぼ考慮する必要がない、これは素晴らしいことですね。 DSC00028

今回はこの辺で

今回は何故かモノクロ主体になっていますね。 頻繁にモードをいじりながら撮りましたので、こういう結果になってしまいました。 モノクロに限らず、撮影論というかモノづくりの話らしきものもやり取りしてみたい。 私が主催するオフ会でそういう話をすればいいのでしたね。頑張るぞう。 話が飛んでしまいがちでしたが、次回もα7SIIの記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00013
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1645-b49512ba