">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > FILMPOWER「Nebula4100 Lite(ブラシレスジンバル)」その3 出撃準備に伴う機材チョイス

三軸ブラシレスジンバル「FILMPOWER Nebula4100 Lite」そろそろ実戦投入か?

米国FILMPOWER社の電子式スタビライザー「Nebula(ネブラ)4100 Lite」関連エントリとなります。 「ジンバル」とも呼ばれるジャンルの機材ですが、一眼カメラを搭載できるような大型のものは価格もそれなりに高く、 また、両手それぞれでグリップを持つという、ダウジングでもやってんのか?みたいな大層な装備になってしまいます。 今回私が導入したのは片手で持ち上げて使用することができる小型軽量タイプ。 前回書きましたように「実際には両手で支えている」状態ですが、それでも小型であることは間違いありません。 ここ数日間、ずっとこればっかり使っています。 DSC07342 購入直後の懸案事項だった「電源を入れる前のバランス調整」にもある程度の目処が立ちました。 三軸(ロール・ピッチ・ヨー)の、針穴に糸を通すような調整にも徐々に慣れてきまして、 完璧とは言えないものの「だいたいこれぐらいで大丈夫かな?」ぐらいのことは出来るようになってきています。 最近お世話になっている島根の雄・きうまさんが公開された動画も見せていただき、 メーカーこそ違いますが「こうなったらOKなんだよ」という完成形もビジュアルで確認できたのは大きいです。
きうまのふぉとらいふ
そんなわけで「Nebula4100 Liteの初期調整」をある程度出来るようになってきましたので、他の事に目が向くようになりました。 「このジンバルにどのカメラを載せて使おうか」というような事を考えています。 結論から申しますと、記事冒頭の写真でも伝わります通り、 ボディは「α7II」、 レンズは「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」 が、現時点での最有力候補、てかほぼ決まりであります。

使う場面は大きくふたつ、そしてその共通点

ここからは私の事情の話になります。一般的なニーズからは少々(かなり?)離れていきますので、それを踏まえて読み進めてください。 私が「Nebula4100 Lite」を使用することを想定している場面は大きく二つです。 ひとつは「比較的暗い状況でお姉ちゃん撮り」、もうひとつが「街の夜の景色のスナップ」です。 前者は仕事ですからここでは触れませんが、とにかく共通点がありまして。 「基本的に暗い場所で、自前の照明を持ち込むことができない」ということです。 ISO感度は3200~4000程度、 レンズの絞りはF2.0かそれより明るく、 シャッタースピードは編集の事も考えると1/50でほぼ決まり。 現状では「ISO3200~4000で『暗いところで』撮影する一眼動画」は、同条件で撮影した時の写真ほどにはソフィスティケートされていません。 直線はよく見ればボロボロ、暗部はガタガタ、色も期待したものが出にくいです。 これは今後の技術の進歩を待つしかない。頑張れ日本のメーカー。

使用するカメラ・レンズ

とにかくそのように考えを進めますと、現時点で私が最も恩恵を受けることが出来るカメラは、 高感度画質の向上に特化した「α7S」もしくは「α7SII」ということになります。 私の好みを踏まえますと「α7SII」一択になりますね。 地道に貯金していて、もうすぐ届くかな?と思っていたところでこのジンバルを買ってしまいました(笑 そんな現状において今回のα7IIという選択は、我が家で出来る限りの代替手段、と言えるのかもしれません。 正直申しまして上に挙げた条件で動画を回すには少々役不足ですが、それでも今の我が家ではベストチョイスです。 そのボディにくっつけて使うレンズは何が良いか。 私は諸々考えた結果、「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」にしました。 APS-C専用レンズじゃねえかアホか、とお思いの貴方、その件については過去に散々話しましたのでここでは端折ります。
ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
記事を掲載した当時はあくまで「写真を念頭に置いた」話にとどまりましたが、今回は動画です。 動画でAPS-Cクロップ、いや今はスーパー35mmと呼ぶんでしたっけか。 「APS-Cクロップで写真を撮る」というと違和感を感じられる方も多いでしょうが、 「スーパー35mmモードで動画を撮る」というというと、何となく親和性があって良いように聞こえませんか? 写真と動画では、事程左様に価値観にズレがあるのでございます。 画角が換算36mm、事実上の35mmと思うと、使いやすい画角でもありますね。 対抗馬は「FE28mm F2」てかずっとこれで試していましたが、結局「E 24mm F1.8」の方が良いかなと。 決め手は「寄れること」です。寄れることができればボケを演出に使えます。 ジンバルを使う時はどうしても広角主体になる、とはSYSTEM5のスタッフの方の受け売りですが、私もそう思います。 そんな中で、ただ単に「大きい風景」だけ撮るのではなく、被写体にジンバルごとグッと寄っていくような演出もしてみたい。 諸々考えた結果、まず「E 24mm F1.8」で試してみようという結論に達したのでありました。 DSC07341

今回はこの辺で。

能書きばかりでぜんぜん実写を見せないブログに成り下がってしまったな! それは今回については不本意ではありません。撮りに行きたいのですが本当に前準備自体に練習が必要なのです。 しかしそれにも道が開けてきた結果、こんどこそ次回の記事ではジンバルを実戦投入して撮れた映像を載せたい! ご期待ください(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1635-ee5d8243