">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > FILMPOWER「Nebula4100 Lite(ブラシレスジンバル)」その1 開封編

三軸ブラシレスジンバル「FILMPOWER Nebula4100 Lite」導入しました

本日購入した新機材です。我が家にもついにジンバルの波が押し寄せてきました。 アメリカのメーカー(中国の会社らしいんですけどね)による三軸ブラシレスジンバルであります。 映像の揺れやぶれを抑える、現時点では究極的なテクノロジーと言っていい、 業務用では既に当たり前に使用されており私も横目で羨んでいる状態が続いていましたが、 辛抱たまらなくなって、ついに買ってしまいました。 FILMPOWER社の「Nebula(ネブラ)4100 Lite」であります。 予備電池1個おまけのセット価格で約9万6千円。久々にカメラ機材に散財しました(笑 DSC07638

「ジンバル」とは何か

今回私はこのNebula4100 Liteを、半蔵門の映像機材専門ショップ「SYSTEM5(システムファイブ)」で購入しました。 業務用動画マンの方にはお馴染みのお店、中古も扱っていますから「動画マン業界のフジヤカメラ」みたな存在なのですが、 私は直接行ったのは今回が初めてです。 以前は神田にありましたが現在は半蔵門に移転しました。 我が家からは30分ぐらいでしたね。意外に近かった。 ものすごく勉強になりましたので、またお伺いしようと思います。
SYSTEM5: 映像・音響システムのトータルソリューション
さて、今回何度も出している「ジンバル」という言葉。これをご覧の写真メインの皆様には(私も含めて)聞きなれない言葉かもしれません。 これは現代においては「スタビライザー」と同義、動画用語です。 つまり、映像の揺れを抑制するための機材への呼び方として定着しているのだそうです。 かつては(ほんの数年前まで)スタビライザーは「ステディカム」にイメージされるような、やじろべえ式のバランスものが主流でした。 それがいつの間にやらモーター内蔵の電子式が主流となり、そのモーターも日々小型化・大出力化が進んでいるのだそうです。 そのモーターのことをブラシレスモーターとか呼ぶらしく(詳しい理屈は知らん)、そこから、 「ブラシレスジンバル」という呼び方が定着し、現在に至るのだと、今回お伺いしました。

低予算映像業界のスタンダード

こちらが箱に入っていたものです。 ジンバル本体とそれを収めるケース、 そのほかに予備充電池・ACアダプター・ストラップ・取扱説明書が入っていました。 ケースはありがたいですね。本体はものすごくデリケートに扱わなくてはならないのだそうで、その点助かります。 DSC07635 もうひとつ同梱されていたカタログ冊子を見ていましたが、気付いたことがありました。 このメーカーも、ソニーα7シリーズを取り付けて使うことを念頭に置いて開発しているのですね。 確かに今回の「Nebula4000 Lite」も、我が家のα7IIにぴったりの大きさでした。 カタログの写真もこうですからね。ソニーが映像に力を入れるのも分かる気がします。 アマチュア写真家からは「所詮ミラーレス」と相手にされない、しかし映像面ではチョーチヤホヤされてますやん(笑 私も「写真はキヤノン、動画はα7」という方のお話を何度聞いたことか。 DSC07636

セッティングの難しいこと

さて、このジンバル、使えるようになるまでものすごく時間がかかります。 いやこの言い方は適切ではないな。私はものすごく時間がかかっています。 購入してこの記事を書いている段階で6時間ほど経ちますが、今も使い始めることができていません。 購入の際にSYSTEM5のスタッフさんに、 SYSTEM5「これまでにFILMPOWER社の製品を使ったことはありますか?」 私「ありません」 S「では、他社のものも含めてジンバルを使ったことはありますか?」 私「ありません。完全に初心者です」 S「では、調整には手間取るかもしれません。慣れが必要な製品です」 私「調整とは?」 S「カメラを水平に維持するための位置調整が、コツが必要なのです。それは体得するしかありません(意訳)」 という風にさんざん脅された(笑)ので、覚悟はしていましたが、これほどまでに難しいとは。 慣れれば5分もあれば出来るようになります、と言われたんですが、まったく手も足も出ません。 同じNebula Liteシリーズをお使いの方、コツを教えてくださいまじで。 DSC07639

伝えることの難しさ

さて、そんなこんなでまったく「実用に程遠い状態」である我が家のNebula4100 Lite、 説明書を見ても(日本語訳を読んでも)まったくチンプンカンプンで、調整ができません。 私のような頭の悪い初心者にも分かる説明をしていただきたかったんですが、そういうものではなかった。 日本の代理店が「セッティング動画」を日本語訳してアップしていますが、 肝心なところの説明が足りないので、この動画を見ても私のような初心者はまったく参考になりません。 要はモーターに負荷を与えないための調整ですので、手順は不問なはずです。 自分なりに別の方法を考えなくてはならないのかもしれません。 機種は異なりますが、こちらの方がよっぽど参考になりますね。 この手の調整シーンというのは慣れた人は見ません。 調整に困っているド初心者しか見ないはずですので、コツが伝わってくる分ありがたいと思います。 もちろんこの通りにやれば万事OK!というわけではありません。参考になるだけです。 このNebula4100 Liteに限ったことではありませんが、 他人に物事を分かりやすく説明することの、なんと難しいことか。 ブログでもツイッターでも、やたら小難しい言葉を使用して煙に巻いて「俺インテリだろぉぅぃぇ」みたいなものを見ますが、 そんなのを読んでいても身になったためしがない。 私は違う。私はそうはならない(ラインハルト調で) いずれ私が「アホでもわかるNebula Lite調整ノウハウ」の決定版を作る!いつになるかは分からんが! 何せ使えていないものでね。すまんね。

今回はこの辺で。

というわけで、このままいくと10万円ドブに捨てることになりそうな気がしてきましたがどうしましょう。 ものすごく難しいです。コツなんてあるのかこれ。 YouTubeとかで滑らかな映像を見て「良いなあこれ使ってみるか」と思っただけで手を出すと痛い目見ますよ(笑 SYSTEM5のスタッフの方も言ってたなあ。 「開封してすぐ使える品物ではない」さんざん言われました。きっとクレームが多いのでしょうね。 私はすべて「分かりました」と言って買いましたので我慢して学びますよ。 余談ですが初期不良ではありませんでした。その点オリ●パスよりは信用できる会社であるようです(笑 次回はどうしようかなあ。使えるようになっていたらNebula4100 Liteの記事にするかもしれませんが、どうなるやら。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1633-865d6e97