">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > イルミネーションを求めて行った日本橋で出会ったもの クリスマス2016 その14
2016/12/03 Sat 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

クリスマスイルミネーション特集の一環で日本橋を撮り歩きました

前々回・前回に続いて、日本橋を撮り歩いた時の写真を掲載してまいります。 東京駅八重洲口を出て、さくら通り~丸善・高島屋前~…と歩いて日本橋中心部に至る、 というルートは私としては勝手知ったるド定番の道でございます。 「春のイルミネーションスペシャル」と題してライトアップイベントを見て歩いた時も、まるっと同じ道のりでした。 ワンパターンと言われると返す言葉もないんですけど、私はこの手のマンネリを是としており、 その上でどこまで書けるか、みたいなことを考えたりもしながらブログを運営しています。 その上で、私自身はマンネリのつもりでいても、 各スポットはそのマンネリへの対策というか、少し変わったこと、というのも考えるようでありまして。 そのことは記事後半にもう少し書くことにいたしましょう。 まずは中央通りを進んでいくことにいたします。 DSC07377.jpg

クリスマスに淡白な日本橋

日本橋を歩いていて思うこと。クリスマスの賑やかさをあまり感じませんでした。 言い換えますと、クリスマスを演出するということについて、全体として淡白です。 それはもう仕方がない。 日本橋は特に江戸時代以降の風俗をトレースして日本を演出することを自らに課しているようなところがあり、 クリスマスを過度に盛り上げることはそれと背反するのかもしれません。 だからとは申しませんが、コレド日本橋(白木屋本店跡地)もご覧のように、クリスマスには距離を置いているように見えます。 これを撮りに行ったのは11月でしたので、もしかしたら12月に入って派手にクリスマス装飾を行っているのかもしれませんが、 だとしても、今時12月に入ってやっとこクリスマスモードというのは少々打つ手が遅いわけで、 そういうあれこれを総合的に判断しますに「まことに日本橋らしいですね」というあたりに落ち着くのであります。 DSC07383 さて。 一番上の写真、そしてこの写真は「東京日本橋タワー」の敷地に用意されたイルミネーションです。 写真でご覧いただきますと「おっ、豪華だな」と思われるかもしれません。実際綺麗だと私も思いましたので、撮らせていただきました。 が、規模としてはどうかな?私は控えめだなと思ったな。人それぞれですけどね。 興味を持ちましたので帰ってから検索してみましたらこちらは住友不動産の所有だそうで、 このあたり一帯を受け持っているのかな?知らんけど 街区ごと作り直す再開発ではなくて、ビル単独での演出と思えばこの規模で充分ですね。ましてやオフィスビルですし。 DSC07379 余談ながら東京日本橋タワーは地下鉄日本橋駅の直上にあります。 何となく格好いいと思ったのでカメラを向けましたが、よく見たら向こうに見える電飾が、扇子の形をしているではありませんか。 そういうところはやはり日本橋ならではの演出なのですね。そう思ったので掲載します。 DSC07378 今回は日本橋の写真は割愛。先へ進みます。 日本橋室町、駅で言いますと日本橋駅の隣、三越前駅に近隣するエリアに入っていきます。 夜景としましてはほぼほぼ普段と同じ、クリスマス?何それ旨いんか?みたいな空気すら漂っています。 唯一三越新館の入り口だけが何となく明るい、そんな夜でございます。 DSC07386 日本橋室町と言えばお江戸日本橋の風情を現代にリファインした街でありますから、そういうものだろう。 で、帰宅するために地下鉄駅を目指し階段を下りましたら、柱にこんな絵柄が。 これは大井っちと北上様ではないか!?なぜに?ここは泣く子も黙る三越本店前だぞ? しかも三越でお買い物の帰りなのか?紙バッグ持ってるじゃないか!? DSC07415 と思って、これも帰宅して検索してみましたら、この時期コラボレーションしてたんですね。 コラボの醍醐味とは言え三越も相手を選べよ(笑)みたいに思ってサイトを見ていたのですが、マグカップだけはちょっと欲しかったな。 もう期間終了していますが、それだけ心残りです。
「艦これ」×「三越」コラボ ─三越でお買い物─| 三越 日本橋本店 | 三越 店舗情報

今回はこの辺で。

冒頭で触れました「マンネリの話」の続きです。 ちょっと書きたいことがありまして。 この記事は12月3日の夜に東京の自宅で書いているんですけれども、 実は本来の予定であればこの時間、神戸にいるつもりでした。 お目当てはもちろん「神戸ルミナリエ」です。今年こそ見に行く、そう心に決めておりました。 しかし、今年のルミナリエの点灯っぷりをネットニュースで見て、私は神戸に行く気が一気に失せてしまいました。 理由はひとつです。ルミナリエの色が変わってしまっていた。 私が見たかった、私が大好きなルミナリエは、電球色一色の、あのルミナリエであります。 今年は青を混ぜてきた。これは私が見たかったものではない。 というわけでテンションがダダ下がりしたのであります。 私は多少なりともイルミネーションを見慣れた側の人間として、神戸ルミナリエを「日本一のイルミネーションイベント」だと思っています。 東京在住でもその思いは一貫しています。ルミナリエ最強。 しかしこの「色変え」はいかんよ。いかん。だめよーだめだめ。 ルミナリエは、永遠にマンネリでいいんですよ。ずっと電球色でやるべき。 例えばですね、恵比寿ガーデンプレイスが今更青白メインにしたらどう思うか。 きれーい、とそこらへんの方は仰るかもしれませんが、私からしたらそんなことをしたら興醒め甚だしい。 そういうのは、マンネリが一番なのです。 松本人志も「紅白歌合戦」や自身も携わる「笑ってはいけないシリーズ」について「マンネリでいいんですよ」と断言している。 私はその感覚に共感いたします。 変わらないという選択、変えない勇気。 もちろん場所や企画内容にもよるんですけれども、そういう判断も大切にしてはいかがでしょうか。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07416
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1585-ef6c3cdc