">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > スマートイルミネーション横浜2016 その4 マリンアンドウォークヨコハマとモノクロ
2016/11/13 Sun 21:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

「マリンアンドウォークヨコハマ」通りがかってきました

横浜へ撮りに行ってきました、というシリーズの続編です。 もともと「スマートイルミネーション横浜2016」というイルミネーションイベントを追いかけようという趣旨だったのですが、 結果として周辺の施設というか風景を押さえようというコンセプトに変わったような気がします。 まあ、それはそれでよろしいんではないでしょうかね(笑 現場に赴くことを第一とし、そこで感じたことを書くブログです。 それはそれとして。 前回採り上げた「横浜赤レンガ倉庫」から移動して、今回採り上げますのは「マリンアンドウォークヨコハマ」であります。 私個人的には二度目の来訪となります。 DSC06946.jpg 周囲の雰囲気はまさしく「ザ・ヨコハマ」そのものというか。 海沿いで、都会で、何となく肩の力が抜けていて。 素敵なひとときを過ごすことができます。 DSC06940

モノクロ勝負!?

モノクロとは何か。 現代のカラー全盛の写真テクノロジー以前の存在、白黒の階調のみで表現する写真芸術。 …そう聞くとアートな感じがするんですけど、実際はどうなのでしょうね。 カラー写真が存在しない時代には、カメラマンは当然にモノクロで表現を求めていく。 それが技術の幅が広がって「カラー」でも表現できるようになったとするならば、歴史の必然としてカラーが主流になっていきます。 そんな現代にあって、あえてモノクロで写真表現をする理由があるとするならば、それは何か。 …モノクロを学ぶとしたら、きっとそこも学ばなくてはならないのでしょうが、私は学が無いので分かりません。 現場でモノクロを撮りながら「こういうことなのか」と体得していく、みたいな勉強方法になるような気がします。 DSC06953 私の場合「モノクロに甘える」ような考え方をしてしまうので、 正直どうかな?モノクロは撮らない方がいいのか?などと考えてしまうこともあります。 この写真がそうです。ぶれていますし、ピントも合っていません。 モノクロだからかろうじて鑑賞できるというか、意味があるのではないか?みたいな余地を与えるというか。 それに甘えて技術なり着眼なりを疎かにすることのないように、努力いたします。 DSC06956 この日の撮り歩きは、実は3人で行っておりました。 ひでとさん
ひでと日記
456Photoさん
43デジカメ*ラボ
3人それぞれ個性が違いまして、同じところを歩いていて切り取り方が異なる。これは勉強になります。 今回はそれを見せてもらう機会が無かったんですが(笑 写っているのは456さんです。被写体にさせていただきました。すまんね DSC06954

今回はこの辺で。

マリンアンドウォークヨコハマ、夜は人通りも少なくて歩きやすいです。 デートコースに良い、と思いますが行くなら車なんだろうなあ。駅から遠いのが残念ポイントとは言えます。 もっとも、だからこそ「人が少なくてゆったりできる」のでしょうけれども。 次回はこの先で過ごした話になります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06958
今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/1565-8ef4c0fa